評価と批判は表裏一体、法則を知ってると楽になる。

評価と批判は表裏一体
Pocket

世の中にはたくさんの法則ってものがあります。

抗おうとしても、逆らうことの出来ない法則ってやつ。

無理に抵抗しても疲弊するだけ。

それならその法則を知って乗ってしまった方がずっと楽だよね。

 

世の中の多くの人は「評価」されたい。とか「賞賛」は欲しいと望むけど「批判」に対してはものすごい拒否反応を示すよね。

「批判」させることが好きな人なんてきっとものすごく少ないよ。

わたしだって「批判」させるのは好きじゃない。

 

でもね、実は「批判」と「評価」って表裏一体なんだよね。

たくさんの評価が集まっているところには、それと同じくらいの批判があるの。

評価が少なければ、批判だって少ない。

 

ものごとには陰陽両面があるから。

 

大きな評判や大きな賞賛があれば、その分批判だって大きい。

評判や賞賛が少なければ、批判も少ない。

振り子の巾が大きいか小さいか、だけの違い。

 

夜と昼があるように

女と男があるように

ものごとにはそれぞれ陰と陽の二極が必ずあるの。

両方あって成り立っているの。

 

大きな評判や大きな賞賛が欲しいなら、大きな批判もあると覚悟が必要。

 

でもね批判って実は批判ではないんだよ。

 

例えばね。

「わたしは味噌ラーメンが好き。味噌ラーメンこそラーメンの王道」って主張したとするね。

でも周りの人が必ずしも同意してくれるわけじゃない。

中には「味噌ラーメンが王道??ラーメンと言えばとんこつでしょ!!」って反論してくる人もいるかもしれない。

でもこれって「味噌ラーメンが好き」なわたしの意見に対して同意はしてないけど、批判しているわけじゃないよね。

ただ単に、その人の意見を言ってるだけ。

自分と同じ嗜好じゃなくても

自分と同じ考えじゃなくても

意見に同意してなくても

それは批判ではなくて、単なる「意見」でしかないんだ。

 

だから「批判」されてる。なんて思う必要なんてまったくないの。単なる意見

自分とは異なる「意見」なだけ。

「意見」だと思えばすんなりと受け入れられるし、そこから何か学ぶこともできるかもしれない。

 

以前「人間関係で疲れたときに知っておきたいある法則」という記事でも書いたけど

万人に好かれる。なんてことはないんだよ。

そこにもちゃんと「法則」ってやつが作用するから。

 

陰陽も法則

パレードも法則

 

知っていると気持ちも楽になるよね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA