人見知りでも、自分のことを話さなくても、人と仲良くなる方法。

認めてほしい
Pocket

マズローの五段階の欲求説

「マズローの五段階の欲求」って知ってますか?

5段階の欲求とは

①生理的欲求(生きていくための基本的な欲求)

②安全・安心の欲求(安全・安心に暮らしたいなど)

③社会的欲求(仲間や集団に属したい、という欲求)

④承認欲求(認められたい、尊敬されたい)

⑤自己実現の欲求(能力を発揮した創造的活動をしたい・・とか)

 ちなみに「超越的自己実現の欲求」というのがもうひとつ追加されてるので全部で六段階なり。

人間誰もが持っている5つの階層化された欲求のことで、ひとつの階層の欲求が満たされると次の階層の欲求が現れる。というもの。


今の日本にいて、生きてくための生存欲求も、安心して暮られる環境も、既にあるという人がほとんどだし、社会的に何かの集団やらコミュニティに属してる人も多い。

SNSだってひとつのコミュニティだしね。

その次の「承認欲求」の階層にいる人が多いんだなー。


認めてもらいたいの。

誰かに。

自分のこと知ってほしいの。

誰かに。


誰かと仲良くなりたい時は

でもね、意外とみんな他人にはあんまり興味持ってないんだよね。みんなそれぞれ自分のことで忙しいから。

井戸端会議に耳をすませてると、それぞれてんでバラバラの話をしてるのに、一箇所にいるでしょ。

自分のことは聞いてほしいけど、他人の話なんて意外とどーでもいいの。

だからね、人の話を聞いてあげられる人になると途端に距離が縮まります。

コミュニケーション苦手!とか、人見知りだから無理。なんて思ってる人、安心してください。

人見知りの人の方が、人の話を聞くことが得意だったりします。


人見知りの人って他人をよく観察している人が多いんです。その観察眼で人の良いところを見つけるようにしてみてください。

この人のこういう所素敵だな。とか憧れるなとか。身に付けているモノでも髪型でも、いいな。と思うところを見つけるの。

コツはじろじろ見ないこと。


褒められると誰でも嬉しい

もうすぐ4月、新しい出会いが多くある季節ですよね。

初めて会う人や、仲良くなりたいな。という人とお話しする機会があったら、

相手のステキなところを褒めるところから始めるのがいいです。

褒められて怒る人なんていないし、ほとんどの場合すごく喜んでくれます。

ステキなところを見つけて褒めつつ、その秘訣も聞いちゃう。

褒めた点が相手にとっても自慢したい部分なら色々話してくれる。

自分では持ち合わせていなかった情報ももらえちゃうの。

例えば肌が綺麗な人なら、「綺麗な肌ですね。」

「肌が綺麗な人って皮膚が弱い人もいるけど、お手入れどうしてるんですか?」なんていう具合に。

「とくに何もしてない」って言うかもしれないけど、そこで終わらせない。

「すごく透明感のあるお肌だけど、洗顔とかクレンジングってどんな種類のものを使ってるんですか?」ってさらに掘り下げて聴いてみるとかね。

重ねて褒められると、何となくでも話しをしてくれて、そこにうま~く相槌を入れながらお話しを聞くと「へ~そうなんだ!!」なんていう情報を教えてくれたりします。

それでも頑なに何も言ってくれない人の場合は、「そういう人なんだ」と割りきる!! 中にはそんな人もいます。


無理に自分のことを話さなくてもいい

そして、自分が「話そう、話そう、なんか話さなきゃ」ってしなくていいの。

一度心の扉を開いて色々お話ししてくれるようになると、うま~く合いの手を入れながら聞いていると、どんどん相手がお話ししてくれます。

「すご~い」とか「知らなかった」とかいう合いの手、そして「おうむ返し」

「おうむ返し」は相手の言葉を復唱すること。

話しを聞いてくれてる。という安心感を感じられるんです。

ただ単に語尾や単語を繰り返して言うだけ。

慣れたら自然にやってしまいますよ。

その間、自分のことを話す必要は、そんなにないんだよね。


自分のことばかりべらべらしゃべる人よりも、話しを聞いてくれる人の方が一緒にいて心地よいもの。

興味を持ってくれたり、話を聞いたくれたり、認める(褒める)人って意外と少ないので、途端に距離が縮まります。


ブログランキングに参加してます。応援してくれるとめちゃくちゃ励みになります。ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA