無理な依頼を断る勇気も必要?~ハンドメイド作家のアルアル

ハンドメイド作家あるある
Pocket

作品に興味を持って「問合せ」してくださる方の質問に、カタマることがあります。

興味を持ってくれた~♪、嬉しい~。要望に応えたい~~。という気持ちがまず大前提。

「気持ちにこたえたい~~~」。だけど ど~~~しても、それはちょっと・・・

 

作っている作品のカテゴリーなどによっても違いはあると思うけど

私の場合は布製品を扱ってました。

おもにこども用のエプロンとかスモックとか。

「すべて1点ものだよ」と記載しているのですが、

「この生地で裾を5cm長くできませんか?」とか

「2サイズ小さくできませんか?」とか問合せがちょいちょいあります。

 

興味を持ってくれているので「質問」大歓迎!!

すご~~く嬉しい♪

ただ、叶えてあげるのが難しいことが多い・・・

 

「丈を短くする」という要望であれば可能なこともあります。

でも、丈を伸ばす。というのは完成しているものに布をツギハギをしない限り無理~~。

裾にチュールをつけるとか、他の布をつける。というのなら可能

でもそんなことを望んでいるわけではないし・・・

 

サイズを小さくする。

これだって「簡単に出来そう」でしょ。

でもいざやろうと思ったら、完成したものを全部ほどいて縫い直さないといけないの。

一から作る方がはるかに簡単で、その手間たるや!!って感じなんです。

 

なんでもちょちょい。って簡単に出来そうなイメージを持たれがち。

 

以前洋裁教室にきてくださった生徒さんに「先生は型紙を簡単に作っちゃいますね。」って言われたことがあります。

物にもよりますが、サラの状態から作り上げるのは出来るんです。

ただ、いったん出来上がったものを作り直すってめちゃくちゃ手間がかかるし、

仮に作り直したら、一から作ったものよりも完成がキレイにならない。ミシンのあとが残っていたりね。

これって、ほぼリメイク。

 

じゃあ、一から作ればいいんじゃない??っていうと・・・

それが今度は布を調達するのが困難。

少量づつしか制作しないので、布も作る分しか購入していない。

1点ものというところがハンドメイド作品の良い点でもあるけど、依頼がきたときのネックでもあります。

 

最初の頃は何とか出来る方法ないかな~とお客様に提案してました。

ただ、そのために調べたり、探したり、やり取りしたりの時間が結構バカにならない位かかっちゃう。

なのでやめました。

「これ、ほぼ無理!!」って思う案件は全てお断りしちゃうことにしました。

もちろん理由を添えて丁重にね。

目の前の出来ることに専念する。って決めたらものすごく楽になりました。

 

人にもよると思うけど、試行錯誤しながら、どこまで引き受けて、どこからやらない。って決めて自分のスタイルを作っていくといいんじゃないかな。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA