人生が好転する質問の仕方~自己肯定感を育む簡単な方法

自己肯定感を育む方法
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

どれだけ自分自身と対話しているか?

よりよい質問を自分に投げかけると、より自分が望む方向に進んでいける。

日常の小さなことや、自分の心が動いた時、日ごろから観察していると自分の価値観が明確になっていく。

何に重きを置いているのか。

伸ばしたい分野は何なのか?


出来ない理由探しをしていない?

コマーシャルや、政治家の失言へのインタビューやら、失敗をしでかした子どもに対しても、、、

ほらよく耳を澄ませてみて。こんな質問を投げかけている。

「なんで、こんなことしたの?」

「なんで、そんなこといったの?」

「どうしてできないの?」

「なんでうまくいかないの?」


出来ない理由探しをしても、な~んにも解決にはならないの。


でもね、こんな質問の仕方をしているのって、他者に対してだけじゃないんだ。

実は自分自身にもこの質問投げかけていること、結構多い。

それもほとんど無意識に。


もし自己肯定感が低いとしたら、日常的に自分にダメだしする質問をし続けていることが一因かもしれない。

ダメだししても、自己嫌悪に陥るだけ。


自分への質問の仕方を意識する

自分自身への質問の仕方に注意を向けてみて。

自分のダメなところ探しをするんじゃなくて、どうしたらより良くなれるか?そんな質問の仕方に変えてみる。

「どうしたら望む結果に辿りつけるだろう?」

「どうしたらうまくできるだろう?」

「この問題を解決するにはどんな方法があるんだろう?」


どんな質問の仕方でもいい。

いろんな角度から質問を変えてみる。一番自分がしっくりくるような質問。

自分のダメなところを探していても、いい方向になんて進まない。

意識的にね。意識しないと、また元に戻っちゃうから。

もしいつも通り「ダメだし質問」をしていることに気がついたらラッキー!!

そのあとすぐに、望む結果に辿りつけるような質問を続けてしてみる。


ずっと答えを探してくれるスーパーコンピューター

すぐに求める答えはこないかもしれない。

でもね、質問すると、「脳」というスーパーコンピューターは答えを色んな所から見つけてくれようとするんだよ。

どうせ質問するなら、自分の進みたい方向に進んで行けるような質問をしてみる。


それに、ダメだしすればするほど、自己肯定感は低くなるんだよ。

だって、日々無意識に自分に聞いてるんだもん。

「なんでうまくいかないの?」

「なんでいっつも運が悪いの?」

「なんで自分はダメなの?」

スーパーコンピューターな「脳」はずっと、自分のダメなところ探しをしてくれて、ちゃんとその答えを教えてくれるの。

怖いよね~。

それじゃあ、自分のこと好きになれるわけがない。


両面あるならプラスの方にフォーカスしてみる

もし今うまくいってない。運が悪い。と思うなら

「どうしたらうまくいくかな?」

「この状況の中の良い部分ってどこだろう?」

「この現実はわたしに何を教えようとしてるんだろう?」

こんな投げかけに変えるだけで、ダメ探しをしている視点からもっと広い視野にフォーカスすることができるんだよ。


もしうまくいかない現実があったとしても、

一見マイナスな出来事があったとしても、

物毎には必ずマイナスな面とプラスな面の両面がそろっているもんだから。

そのプラスの面に気がつけると、今よりもっともっと、自分のことを好きになっていけるよ。


ブログランキングに参加してます。パンダちゃんにプチっと指を突っ込んでくれるとめっちゃ励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA