働き方改革から見たハンドメイド作家として在り方

今の時代の働き方を考える

Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/takecomiku/takekomiku.com/public_html/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32
Pocket

厚労省が「働き方改革」として「副業・兼業」のガイドライン案を提示しましたね。

 

学校を卒業して生涯同じ会社に勤め、毎年給与が上がっていく。

上場企業だから生涯安泰。

そんな時代はすでに終わっているのは多くの方がわかっていること

 

いまやITやAIの進化に伴い

働く場所や時間さえ自由に。

あのソフトバンクが副業を解禁したことも最近話題になりました。

一見良いことばかりのようですが、

オートメーション、システマティックな仕事は誰でもいい。というかもはや「人」でなくて良くなっています。

 

あなたのその働き方は10年後、20年後に繋がりますか?

自分自身の中にあるクリエイティブを開花させより自分らしく生きていく。

自分の中の豊かさに目を向け、他者に依存するのではなく自分でお金を生み出す。

ハンドメイド作家として活動を続ける中で、自ら生み出す力も育っていく。

そんな風に感じます。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA