人生には時に必要なロングバケーション

人生に必要なロングバケーション
Pocket

「ロングバケーション」っていうドラマ。

もう22年も前の作品なのね。

アマゾンを覗くと最近ちょいちょい見かける。

人気が再燃しているのかな?

先日の投稿で、ものごとが何もかもうまくいかない時は、とにかく待つ。じっとする。って書いたけど

「ロングバケーション」の内容ってまさにそんな感じだったよね。・・・たしか。

記憶を呼び覚ましながら書いているから多分だけど。

 

人生の中で、一旦リセットする時期って必要だと思うんだ。

今まさにリセット中。

頭の中を空っぽにして、この先どっちの方向に進もうかと、自分と真剣に向き合う時間がね。

そのために今まさにロングバケーション中なの。

なが~く色んなこと頑張ってきた(と思う)からこの時間はね。本当に貴重。

現実を見るとね。色々「やばい」っていうことはね、正直ある。

でもなぜか不安というものが一切ないんだよね。

何とかなるでしょ。というかなんとかするでしょ。ってどこかどっしり構えているの。

小学校の夏休みの最終日みたいに「あれっ。とは言っても相当やばいよ」ってなるかもしれないけどね。

そうなったらそうなったで、その時に何とかします。

 

先日、物毎がことごとくうまくいかない時は、じっと耐える。状況が好転するのを待つ。って書いたけど、その前にひとつだけ。

好転するのを「待つ」のは大事。

無理にがむしゃらに焦って策を試みても、悪循環に陥る。そんな時はある。

でもね、じっと耐えて状況が好転するのを待つ。前に「その時出来る最大限のことをする。」っていうのはものすごく大事。

ここ数年、いろ~~んな事があり過ぎて、本当に八方塞がりでもうどうしたらいいんじゃい!!ってことが何度もあった。

その都度その都度、いろんなことを試みてきたんだよね。

うまくいったこともあったけど、うまくいかなかったこともあった。

客観的に自分を見て、今は物ごとが良い方向に進まない時期なんだろうな。って感じていた。

多分、いろんなことを経験させられているんだろうな。とも思った。

だからね。状況が好転するのをずっと待っていた。

ものすごく耐えてきた。

でも、その中でも、その時出来る最大限のことをずっとやってきたんだよね。

 

そうしたら、なんだかわからない自信がついてきた。

いろんなことを経験したから、それまで知らなかったことをたくさん覚えたし、選択肢が随分増えた。

最終的には全て自分で何とかしなきゃいけない状況に何度も追い込まれたから、人のせい、とか環境のせい、とか言っていたれなくなったの。

すべての事は自己責任だと全て受け入れたら、自分の人生が随分とドラマチックで面白いなって思えてきた。

だからなのかな、ドラマとかほとんど見ないんだよね。

あんまり興味ないの。バーチャルな世界感に共感しないんだよね。

映画はね、たまに見るよ。教訓になるものがいっぱいあるから。

「人生はチョコレートの箱だ。」とかね。名言だよね。

テーマからそれてしまうから、映画のお話しはまた別の機会に書こうかな。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA