ハンドメイド作家に資格は必要なのか?

ハンドメイド作家と資格
Pocket

ハンドメイド作家への一歩を進もうと決めた時に「資格」って必要なんだろうか?

ネットで「ハンドメイド 資格」で検索するとたくさんヒットしますが、正直ハンドメイドに関しては資格は必要はない。とわたしは思っています。

わたしには「資格」がないからまず資格を取得しようと考えているのでしたら、何のために必要なのか?をよく考えてみることをお勧めします。

 

ただ漠然と「肩書き」として考えているのであれば資格を取得することには意味がないと思います。

気に入ったハンドメイド作家さんのプロフィールを見て「肩書き」で商品を購入を決めますか?少なくともわたしは肩書きなんぞまったく気にしません。

デザインやクオリティまたその商品に見合った価格設定なのか?で購入を決めます。

ゆくゆく人に教えたいから、基礎をしっかり学んで自分のスキルアップのために。と明確な意図があるのでしたら資格取得は良いと思います。

ただ、そのような明確な意図がなく漠然と「資格」と考えているのでしたら、資格取得に時間やお金を掛けるよりは次のステップに進んだ方が良いかもしれません。

 

わたし自身は布もの作家です。洋裁教室も開催しています。

いちおう中学校の家庭科教員の資格を持っています。

でも教育実習以来、学校で教壇にたったことはありません。

「洋裁の技術」に関してのいわゆる「資格」というものはありません。

「洋裁」に関しては、どこかの教室独自の検定みたいなものはあっても、いわゆる国家資格であったり、漢字検定・英語検定何級みたいなものはありません。

私の場合は短大の服飾化で基礎から学んでいるのでパターンが引ける。繊維などにも詳しいなど強みはあります。

でもセンスの部分は資格ではどうしようもありません。

基礎的なことを学んでいなくても独自の感性で素敵な作品を作れる人はたくさんいます。

想いさえあれば独学で学ぶことはいくらでも可能です。

実際にわたしはただただ洋服を作りたいという想いで中学生の時から独学で洋服を作っていました。

当然今思えば効率の悪い縫い方をして縫い目もぼろぼろでしたから裏側は人に見せられるような代物ではありませんでした。

ただそのような技術面にしても数をこなせば腕は上がっていきます。

 

あなたが検索している「資格」は本当に必要なものなのか?

今一度しっかりと「資格取得」の目的を自分に問いかけてみてくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA