万が一のための余剰金の確保

ハンドメイド作家の余剰金
Pocket

何かを始める。そして続ける。ということはずっと順風満帆とはいかないものです。

いいお客さんばかりでいっつも気持ちの良いコミュニケーションが取れるといいのですが、続けていると何かしらのトラブルになってしまうこともあります。

トラブルは出来れば避けたいけど、万が一トラブルになった時は「自分が成長するために必要な機会」を与えてもらった。と思えば、前向きに次に進めます。

 

トラブルが原因で、本来お客様が負担する送料であったり、商品代金を回収できない場合などもあります。

実際わたしも、過去にお客様からの布が届かず、郵便局で調べてもらっても結局追跡できずということがありました。郵送の途中で紛失してしまったようです。

お客様にも当方にも非はないのですが、楽しみにされていたお客様の気持ちを思うと、やりきれなくなって、似たような布を探して全部こちらで負担して作品をお送りしました。

また別の時には、オーダー制作のバッグの縫代の部分に、一部縫い落しがあったことでクレームになり、全額当方で負担したこともあります。

こんな時にやはり予算がカツカツだと対応しきれいないな。と強く感じました。

万が一の時のためにも余剰金があった方が作家を続けていく中で気持ちに余裕も生まれます。

 

時間管理のほかに、金銭管理、そしてもちろん作品の在庫管理

ハンドメイド作家は意外と作品作りにもやることはいっぱいあります。

どんな経験もあと必ず役に立ちます。初めてのことでも楽しみながら取組んで、続けていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA