見る位置が変わると物のみえかたも変わってくる。近づいていると気がつかない事。

行き詰ったら離れてみてみよう
Pocket

突然ですが、

あなたは犬と猫どっちが好きですか?

 

 

犬好きさんと猫好きさんで、犬の方が頭が良いとか、猫の方が賢いとか

または、猫のこんなところが好きとか、犬はここが良いとか

言い争いではないけど、論争している場面に出会った事があります。

 

わたしは・・・犬も猫も両方好きです。

 

じゃあ、動物と植物はどっちが好きですか?

 

どちらが好きでも正解!!(笑)

動物ってひとまとめにしてしまったら、もう犬猫論争のような小さな世界ではなくもっと大きな「動物」のくくりになっちゃうんだよね。

犬対猫で論議していた人たちも「動物が好き」で仲良くなっちゃう。かも。

 

じゃあ、地球の青いところと茶(緑)のところどっちが好きですか?

 

はい。

もっともっと高~い位置から見ると、もう動物も植物も見えないね。

遠くから見てみると、海と大地のまるい天体にしか見えない。

 

何が言いたいのか?というと、小さな事にフォーカスしていると気がつかないことも視点を上げたら見え方が違ってくる。っていうこと。

もう犬だろうが猫だろうが、どっちが賢いと、どっちが従順だとか、どうでもよくなってくるよね。

犬も猫も人間も植物も海も山もひっくるめて地球を構成している一部

 

ここまで引いてみなくてもいいけど、もし何かに行きづかっていると感じているなら、

フォーカスを変えてみることで見えるものが違ってきますよ。

 

目の前の小さいことにこだわっていると見えない世界があります。

パーツにフォーカスすると全体像が見えないんです。

自分自身を経営するオーナーであるなら、少しでも高い位置から物毎を見るクセをつけた方が良いですね。

でもね、全体像ばかり見るんじゃなくて、パーツも見ることが必要なときもあります。

 

壁にぶつかったら、ちょっと引いて自分を俯瞰してみる。

もしかしたら行きたい方向とは逆方向に向かって進んでいたのかもしれない。

目の前しか見ていなければわからないことも、離れてみると気が付けます。

 

先日、市内の中心部を歩いているときに道を聞かれました。

「テレビ塔はどこですか?」って。

その「テレビ塔」、わたしの視線の先にあるの。

街路樹に隠れてちょっと見えづらい場所だったけど、その方、スマホ(多分地図アプリ)を見ながら、逆方向に向かって歩いていたの。

なので、大きく手をかざして「あちらです」って。

行きたいところも、逆方向に向かっていたら辿りつかない。

くるりと180度向きを変え、立つ位置をちょっとずらすと目的地が見える。

そのためにも、いったん、俯瞰する。

客観視してみる。ってものすごく大事です。

 

今まで見えていなかったことに気がついて、望む方向に歩いて行けますよ。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA