語尾につけるだけで未来が明るくなる言葉

イエスマン
Pocket

人って何で出来ているか?

物理的なコトではなくてね。

人って日々何を考えているのか?で出来ているんじゃないかな?といつも思う。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

「マザーテレサ」のこの言葉がまさに。

 

と、言っても人間って一日60000回も思考して

そのうちの8割がネガティブなものらしいから。

しかも無意識の思考がほとんど。

ほんとうのところ何を考えているのはって自分で全てを意識するのは難しいところもある。

 

でもね、逆に活用しちゃう方法もあるんだよね。

普段使う言葉を変えてみる。

どうしてもネガティブな発言をしてしまうときもあるけど

 

そんな時のお勧めの方法

「出来ないな」とか「無理だな」なんて言ってしまった場合。

そのあとに「いまのところ」とつけてみる。

ほんとうは、「デキナイ」「むり」という言葉を使わないのがいいんだけど

心に反して無理にポジテイブ言葉に変えたところで、心とのギャップが出来ちゃう。

ほんとうに思っていることと、言葉に間にギャップがあると抵抗しか生まれないから。

心とのギャップがあるうちは、語尾に「今のところ」とつけるだけ。

簡単だけどめっちゃ効果的な方法です。

 

「今のところ」とつけるだけで、今はできないけど、将来的には「できる」ことになっちゃう。

ただ単に「できない」わけじゃなくなるんだよね。

だから、どうしたらできるかな?と脳が答えを探し始めてくれる。

ん~~。便利なコトバだね。

 

ほんとうは「できない」と思っても「やります!!」って宣言してしまった方がいいけどね。

「うわ~、言っちゃったよ」と

自分を追い詰めて出来る方法を必死で探し始めるから。

ジムキャリー主演の「イエスマン」という映画。

全てに「YES」で答えていくうちに人生がどんどん変わっていくというおはなし。

オススメの映画です。機会があったら観てみてください。

 

日々何を考えどんな行動をするのかで結果に差がつく

規模の大小は抜きにして、ハンドメイド作家であるということは、少なからず起業家精神で在りたい。

 

急に起業家精神と言ってもね。急にはなれないけど

日常からちょこっと意識することだけでも身についていく。そして継続すること。

 

だからこそ

毎日使う言葉から変えて行こう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA