値下げした方がいいのか?

値下げ
Pocket

マーケットプレイスやフリマアプリなどを利用していると値下げ交渉のコメントが入ることがあります。

どうしたらいいのかな?と迷いますよね。

どんなスタンスで作品作りをしているのかによって違うと思います。

 

値下げ交渉される要因はふたつ

ただ単に安く買いたいからというお客様理由

コスパが低いという理由

 

在庫処分のために出品してるような場合であれば原価を割らない金額まで下げるのもありだと思いますが

作品として定価で出品している場合は基本的に値下げ交渉には応じない方が良いと思います。

 

もちろん売れると嬉しいのですが、一度値下げしてしまうとモチベーションを保つのが難しくなります。

作品の価値が低く見積もられますし、自己評価も低くなってしまいます。

作品の価値ではなく、価格でしか評価しない購入者の属性として 一概には言えませんがクレームをつけやすい傾向にもあります。

目先の利益ではなく作品の価値を高めていくための努力をして行った方がより建設的です。

作品の見せ方や商品説明文などを工夫する。

また同時に作品自体のオリジナリティを追及し作品自体の価値も高めていく。そのためには常に学ぶ姿勢が大切です。

 

 

ただ、あまりにも同じような問合せが多い場合は、そもそも設定している値段設定が適正なのか?と客観的に見直してみることも必要だと思います。

コスパが低い作品であるならば、自分自身の腕を磨くことを先に取り組んでいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA