あなたの作品のターゲットを明確にすることのメリット

ターゲットを明確にする重要性
Pocket

事業計画を決めなくてもハンドメイド作家はできます。

でもやっておくのと、やらないのでは、大きく違います。

自分の指針としても、戦略としても、やはり掘り下げておきたいところです。

事業計画としての「5W1H」については「差別化を図るために知っておきたい。ハンドメイド作家の「5W1H」」という記事で書いています。

「5W1H」全部大切なんですが、その中でも特に掘り下げたいのが「Who」=ターゲットです。

ハンドメイド作家の作品は、お客さんの手に届くまでは数ある情報のひとつに過ぎません。

あなたが伝えたい想いを、届けたい相手に、作品という形で届けるためにターゲットを絞る。

ターゲットを決めてから商品を作るのと、何にも決めないで作るのでは 大きく差がつきます。

 

例えば、飲食店。お店のコンセプトは「オールマイティ」

対象年代は10~100歳代 男女問わず

1品100円台のリーズナブルな単品もあれば、50,000円のコース料理もある。

和食から中華からフレンチやイタリアンまで

780円の飲み放題もあれば10万以上のワインも置いている。

・・もう何屋さんかわかりませんよね。

わたしだったら、そのお店にまったく魅力は感じません。あえて行きたいとも思いません。

 

マルチに対応するということは、結果 誰にも選んでもらえない。というリスクになりかねません。

今の時代、情報も物も溢れかえっています。万人受けする商品は失敗の元です。

「ターゲットを絞る」からと言って、あなたが想定したターゲット以外を排除するということではありません。

想定したターゲットに出会うための戦略として「その人が好む商品や見せ方」を考えていくんです。

 

年齢・性別はもちろん家族構成(未婚なのか既婚なのか?子供はいるのか?)

そしてどんな性格でどんなライフスタイルを送っているのか?

仕事や趣味またはどこに住んでいるのか?

行動パターンや思考パターン。心の在り方。どんなメディアやSNSを利用しているのか?という細かいところまで絞り込みます。

細部まで明確に絵として見えてくるぐらい絞り込む。

それは、ターゲットとした人のライフスタイルと性格がわかれば、「5W1H」「Why」=なぜあなたの商品を買おうと思うのか?どんな願望があって、あなたの商品はその人の問題を解決できるのか?また「How」=そのターゲットにどのように(どんなメディアでどんな言葉で)アピールするのかが見えてくるからです。

他との差別化が図れるとがった商品を作るためにも、ターゲットは明確にするのが望ましいのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

あなたの作品のターゲットを明確にすることのメリット への2件のコメント

  1. ピンバック : 5W1Hを決めよう | たけこみく.com

  2. ピンバック : あれもこれも色々やりたい。作りたい物がたくさんありすぎて方向性が決まらない。 | たけこみく.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA