それ、本当に出品しても大丈夫?

著作権に気をつけろ
Pocket

ハンドメイド作家として作品を作って、色んなメディアを活用している人って多いと思うんだ。

オークションやフリマサイトもたくさんあるし。

感覚的に簡単に作れるECサイトのサービスだってあるし。

本当に便利だよね。

販路はたくさんある。

だけど、ひとつ見落としがちなことがあるんだ。

オークションやフリマサイトを利用するときに規約って確認している?

「規約」っていうと難しいと感じることもあるけど、特に確認しなきゃいけないのは「出品を禁止されているもの」について。

ハンドメイド作品だから、禁止物じゃないよ~なんて安易に考えていると意外な落とし穴があったりするから、確認はしておいた方がいいですよ。

たとえばサイトによっては「石鹸」や「自作の化粧品」の販売を禁止しているところもありますよね。

あとね、ハンドメイド作品の素材によっては出品できないものもあるんだよ。

例えば「布」

「布」には著作権が関わってくるものがあるの。

一番ポピュラーな例としては「ディズニー」

「ディズニー」の絵柄の布は布の耳の部分に注意文言が入っているんだよね。

「商用利用はできません」的な。

この布で作品を作って、それを転売つまり売っちゃダメなの。

もちろん、布として売っているモノなので、購入してハンドメイド品を作るのはもちろんOK。

作った作品を身に付けるとか、家族に持たせる。っていうのもOK。

販売するのが「NG」なの。

知っている人はちゃんと知っているんだけど、意外と見落としがちなトコロ

「布」でいけば、「ディズニー」に限らず、ほかにも「マリメッコ」や「ソレイアード」とかね。

著作権侵害になるから、作品を作って販売はできません。

たとえ「バザー」であっても禁止しているところもあるようですよ。

これらの布は、大抵布の耳のところに注意文言が入っているけど、わからない場合は購入するときにお店の人に確認すると良いですね。

もしくは公式サイトなどで確認するのもいいかもです。

うっかり使って、うっかり出品して、それが大手のフリマサービスなどであれば、サイトの利用停止処分なんてことになりかねません。

じゃあ、自分のECサイトでなら売ってもいいのか?というと、これも絶対NGです。

そもそも布自体が「商用利用不可」であるなら、作品として作って、売っちゃだめなの。

ハンドメイド作家として作品を作る。そして出品する。いずれにしてもモラルとルールを身に付けましょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA