今この時代に必要なプリンセス像~実写版「アラジン」

実写版「アラジン」
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

久しぶりに映画館で映画を観てきました。

実写版「アラジン」


子どもが小さい時に散々アニメーションで観てたから、実写ってどうよ??って思ってたけど、ジーニーはやっぱりジーニーでした。

ウィルスミスのジーニーはめちゃくちゃハマリ役だった。(笑)


以下少しだけどネタバレあります。

知りたくない方は読まないことをお勧めします。


散々、アニメで観てたので、どうしても比べてしがいがち。

ジーニーのふざけた感じがちょっと足りなくて、う~んちょっと寂しい。と思った。

ジャファーの役者さんが綺麗過ぎて、悪どさが足りない。

悪役はもっと徹底的に悪役ぶりを発揮してほしい。のだ!!

実写版のジャファーの役者さんは綺麗過ぎ。


だけど、これはこれでめちゃくちゃエンターテイメントな映画で、遊園地にいるみたいな感覚になった。

一言でいうなら「豪華」

あちこちにディズニー映画ならではの遊び心が満載

ジャスミンが見ている地図も、ディズニーらしさ満点で見逃せないよ。


かなりのスピード感でストーリーが展開するし、アクションのシーンはハラハラするし、洞窟のシーンも展開が早い。

緩急がはっきりしてて心地よい映画でした。

「アリ王子がお通りだ」のシーンは、圧巻!

実写版だからこそ!の迫力で観ていてわくわくします。


この映画の中の登場人物はみんなしっかりと自分を持っている。

とくにジャスミンはとても魅力的で力強い女性として描かれていて好きでした。

ただのお伽はなしのヒロインじゃない、しっかりとした理念を持ったリーダーとしてのプリンセス像が描かれてて現代の女性の価値観に合うな~、って思った。

「女は口を閉ざしておけ。美しく居るだけでいい」

そんな言葉に何も言えず悔しい想いをうちに秘めたまま、勇気を振り絞って、心の声からの叫びとしての歌うシーン。

めちゃくちゃ感動でした。


個人的にはどうしても衣装のデザインや色柄と細部は、気になっちゃうんだよね。

何せ布ヲタクなので、柄や色が素敵な布に魅かれちゃう。

この映画に出てくる衣装がどれもこれも素敵だった。


ディズニー映画らしい綺麗な映像と音楽だったけど

この映画の神髄って、ジーニーのこのセリフに一番あるような気がする。

アラジンが願い事をどうしようか?と考えてるシーンでのジーニーのセリフ

「過去のお願いはほとんどこうだ。

金持ちにしてくれ! 

権力を!!

やめとけ。

決して満足することはない。」


つねに「2番目」の地位に居続けることに我慢ならないジャファーが、狂気的に権力を追い求め続けて、最後どうなったのか??

権力やお金を追い求めても、どこまで行っても満たされない。

ここが現代人が抱えている違和感と繋がるような気がしたんだ。


ほんとうに、手に入れたいのは「お金」でも「権力」でもなく、ジーニーのように「自由」なんじゃないのかな。

今の時代にこそ必要なメッセージがここにあるな~なんて思いました。


アニメ版観てなくても、エンターテイメントな映画として楽しめる。

大きなスクリーンで観ると迫力満点ですよ~。

アクションシーンはちょっと目が回るくらいスピード感があるから、劇場の後ろの方の席で観ることをオススメします。(笑)


ブログランキングに参加してます。パンダちゃんをポチっとしてくれると励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA