ぬるま湯の中のカエルの王様

ゆでかえる理論
Pocket

ゆでがえるのお話しって聞いたことある?

「水の中のカエルさん、ぽかぽか暖かくて気持ちよ~く泳いでる。

でもその水って実は火にかかってるんだ。

常温だったお水の温度がちょっとづつ上がっていくの。

気がついた時には手遅れ。茹であがちゃった」

という寓話。

 

急激な変化には危機を感じるけど

ゆるやかに進行する危機には気がつかない、気がついたときには手遅れになっているよ。

という教訓話です。

 

実際にカエルが茹で上がるまで水の中におとなしくいるか?というと、そんなことはないと思うけど

人の思考とか行動ってまさにこういうトコロあるよね。

 

ちょうどいい居心地のいい場所にいたら安心できるし、あえてそこから出たくない。

ここにいたら安心だし、安全だって思っているから。

わざわざ気持ちのよい場所から、安全かどうかわからない世界に行こうとは思わないよね。

行動するのって、ものすごいエネルギーが必要だし。

新しいことを始めるときも同じく。

 

でも、えいや!!って出てしまうと意外にも楽しいことが待っている。

「めんどくさい」とか「怖い」って感じるのは最初の一歩だけなんだ。

 

変化を怖がらないで、変化と不安を楽しむ。

心臓がバクバクしてきて、心がぞわぞわして、背中がぞくぞくしてきたら、「キタキタっーーー」ってその感覚を楽しんじゃう。

そうしているうちに、あなたが望む未来が待っているかもしれないね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA