意識した途端、世界は欲しいものに満ち溢れている~情報処理のフィルター恐るべし!!

見ている世界は現実?
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

気になった途端、街中にあふれだす。

な~んてことないですか?


今ね、カラフルな色彩のワンピースが欲しいな~と思って先日から探しているんです。

まだしっくりくるものに出会えてなくて、購入には至ってない・・・

もしかしたらこのまま夏終わるかも。(笑)

北海道の夏は短いから。


で、カラフルなワンピースを意識した途端

カラフルな色彩のワンピースが、急に目の前にたくさん現れ出した。

「えっ!!こんなにたくさんの人が着ているの??」って思うくらい。


ワンピースに限らずなんだけど、たとえば引越しを考えて物件探しをしようと思った途端!!

いつも通る道なのに、「こんなに不動産屋ってあったっけ??」となることないですか?

「欲しい」と思った商品を意識した途端、やたらCMを見かけるようになったりとか。


ほんとうは、ずっと前からそこにあった。

気がついてもらえることをずっと待っていた。

でも脳のフィルターが「この情報い~らない!!」って目の前の現実を「なきもの」にしていたんだよね。

で、意識した途端、急に視界に入るようになってきた。


実際、わたしたちが見ているのは、現実の200万分の1%しかない。って聞いたことがある。

現実を全部、情報として取り入れちゃうと、情報量が多すぎて処理しきれないんだって。

だから、どの情報を取り入れようかって、脳がフィルターをかけてしまう。らしい。


だから目に入っていたとしても、フィルターを通ってこない情報は、「ない」ものとして扱っちゃうんだよね。


「これを見よう」って意識した途端、フィルターを通って、自分自身の世界の現実として捉える。

だから急に「こんなにたくさんあったのね」ってなるんだって。


昨日も娘と近所のニ○リで収納家具を見ていたとき同じ現象が起こったよ。

めちゃくちゃシンブルなボックス型の収納家具を探していた。

ちょうどいいサイズのものが見つかって、店員さんに棚板の横幅を聞いてみた。

するとね、その店員さんめっちゃ親切で、その家具の追加パーツについて詳しく教えてくれたの。

シンプルなボックス型のベース家具があって、そこにいろんなパーツ(引きだしやガラス扉など)を組合わせて自分好みのデザインにカスタマイズできる家具だった。

散々、陳列されていた同商品の前を通って見ていたのに、まったく別の商品だと思って素通りしていたことに気がついた。

視界の中にあるのに、意識のフィルターから排除していた。


思い込みの力ってすごいな~とも思った。

今ある現実は、ほんとうは現実ではないのかもしれない。

そんな前提で世界を見るといろんな気づきがあって面白いですね。


ブログランキングに参加してます。パンダちゃんをポチっとしてくれると励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA