「ビュリタンのロバ」的思考はチャンス泥棒?~いざとなったら運任せ!!

ビュリタンのロバ
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

ビュリダンのロバ

こんなたとえ話、知ってる?

おなかを空かせたロバが、左右二手にわかれた分岐点にいる。

左を見ると、干草がたっぷりある。

右を見ると、左と同じ量のたっぷりの干草がある。

左右の干草までの距離はどちらも同じ。

何度見ても、左右の違いはない。

右に行こうか?左に行こうか?

迷いに迷い、決めることができず、そのまま餓死してしまったとさ。


バカですね~。

いやロバだから、馬鹿ではない・・・(笑) 案外賢すぎるためかもしれない。


これは「ビュリダンのロバ」という、心理学の分野で用いられているたとえ話。

知識と自由意志の問題を論ずる際のたとえだとか・・・(難しい話しは専門家にまかせといて。)


どっちでもいいよね。とりあえずどっちかに進めば餓死することないのに!!と笑ってしまうようなお話しです。

と客観的に見ると笑えるんだけど、実は結構わたしたちの日常で、このロバさんのようなことってあるな~と思う。

例えば、


日常にいる「ロバ」さん的選択

A君とB君と同時に二人の男性からお付き合いを申し込まれた♪ まぁ私ったらモテモテ♪

A君もB君も、容姿も将来性も人間性も、申し分ない!!

「う~~ん。どうしよう??A君もB君も二人とも好みだし、決められな~~い。」

と、悩みに悩んでいる間に、しびれをきらした二人とも別の女性と付き合いはじめちゃった。

あれ??と気がつくと一人

「どっちでもいいから付き合えばよかった~!!」と思っても時すでに遅し。


ちょっと極端な例だったかな・・・


選択肢の両方とも、違いがほぼなくて、判断に迷って、その判断を先送りにすることって日常でも結構あると思うんです。

ランチに食べるの「Aセット」or「Bセット」どっちにしようか決められない!!とかね。

タイムリミットがある場合は「じゃあAセット」ってとりあえず決める。でも隣の人の「Bセット」が美味しそうで後悔する。

日常のアルアルですよね。


決めないということは「選択するか?」「選択しないか?」の二択の結果

選択しない方が楽。ということ確かにあります。

でも選択を先送りするっていうのは、一見楽かもしれないけど、実は「選択しない」ということを選択しているんだよね。

優柔不断さって、最悪餓死するのかも・・・チャンス泥棒さんだと思った方がいいかもしれないね。


学生の時テストの回答でAかBか迷った時には「回答しない」という選択よりも、とりあえずどっちか選べば「○」になるかもしれない。と思った事ないですか?

どっちにしようか迷った時は鉛筆が倒れた方!とか目をつむって指さした方!とか。

神だよりでも、直感でも、運まかせでもいいからとにかく決める

それで、回答が「×」であっても、決めないよりいいじゃん!!って自分を誇らしく思ったことあります。


最終的にどっちにも進めない!!と言うときには

運任せでも直感でもなんでもいいから決めてしまう方が、餓死するより、チャンスを逃すよりはるかにいいと思うな~。


ブログランキングに参加してます。クッキーにぽちっとしてくるとめっちゃ励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA