「学び」の経験を無駄にしないために意識する二つの事

経験を活かすために意識すること
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

何をやっても、無駄になることはひとつもない。


と昨日「とりあえずやってみた~ノウハウコレクトして気がついたこと」とうい記事の中で書きました。

ただね、教材や講座やなんやかんやと学びに費やしても、自分のリソースに出来ない人というのはいます。



どんな経験も無駄にしないために意識すること。

ノウハウコレクトした中には、数々の「失敗」といえるようなものがたくさんありました。

30万(返金保証を謳っていたのに嘘っぱち)の教材とか、20万(中味の薄っぺらい)起業塾とか、「学び」として得たものはあるけどコスパ的には残念なものとか。(笑)

とはいえ、当初期待した結果が得られていないにしても、何かしら受け取っているものはある。

リソースにできるか出来ないかの違いについて書きたいと思います。


「お客さま」ではないことを自覚する

映画やら劇やら何かしらのエンターテイメントを観たり参加する時は「お客さん」として、ただ楽しめばいい。

けど、学びや自己投資に関しては「お客さん気分」で受講している限り、何にも学べない。

ここに参加したら「自動的に望む結果に連れてってくれる。」なんてことは起こらない。

そんな意識で、いくら学びにお金や時間を費やしても、望む結果に辿りつくことは、ほぼない。

決して安いとはいえない受講料と、時間を投資するのであれば「自ら学ぶ」意思を持たない限り、どんなにいいコンテンツであっても何にも学ばないし、何にも成長しない。


お客様気分で「教えてもらって当たり前」「わからないことは聞けばいい」という意識でいる人と「学んで、調べて、やってみよう」と主体的に動く人

どちらが結果が出やすいかは、想像すればわかるよね。

高級旅館に宿泊している気分で「上げ膳据え膳」を期待している限りは、どんなにお金をかけても、1㎜も成長はしない。

そういう人は、「これを受けたら急成長できる」という感覚で、結果を講師や講座に依存している。

依存している限りどんなにお金をかけて、どれだけ時間を費やしても、望む結果には辿りつかない。

結果のためには行動することが不可欠だもの。

塾や教材にしても同じ。与えられるのをただ待つんじゃなくて、自分で調べる。自分で実践する。

これをやらない限り待っていても、黙っていても、状況が変わるなんてことは決して起こらない。


結果に繋がるのは「アウトプット」の量

「アウトプット」の量を増やすには「お客様」気分はとっとと捨て去って、主体的に行動することがすんごく大事。



すべて自分が決めたこと。

「あれがダメだったから」「教え方が悪いから」「自分に合わなかったから」「難しすぎたから」

自分で決めたことなのに、すべてを他人のせいにしていませんか?

成長できない理由を、外のせいにしている限り、次から次へ「結果がでるもの」を求め続けることになる。

結果ノウハウコレクターになっちゃうんだ。

でも、ノウハウを探している限りどこまで行ってもリソースには出来ない。


昨日の記事で「すぐには結果が出なくても、経験はすべてリソースになる。」と書いたけど、そうなるためには「すべて自己責任」という意識が大切。

たとえどんなに質の悪いコンテンツでも、そこから少しでも学びを得ようとすると人は進化します。


結局なにをやるにも「マインドセット」が必要。

かつて自分がノウハウコレクターだったときにはここに気がついていなかった。

結果を外に求めていたし、自分ごとにしていなかったし、相手のせいにしていた。

結局のところ「マインド」が整ってないと、どんなにいい手法でも、どんなに素敵な「ノウハウ」でも、どんなに良い「コンテンツ」であっても、結果に辿りつくことはない。


逆にいうと、「マインドセット」を先にやっておくと、成長が望める。

すべては自分が決めたこと

ここを意識するだけでも、向き合い方が変わってきます。

マインドが整うと、高額な教材に費やさなくても、どんなことでも「学び」になり「リソース」になっていくよ。

やってみて「違う」と感じたら、方向転換すればいいだけだしね。


ブログランキングに参加しています。ポチっとしてくれるとめちゃくちゃ喜びます。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA