参考にならない偏見だらけの、自分の時間確保のためにやめた5つのこと

時間を確保するためにやめた5つのこと
Pocket

自分をたいせつにするためにやめたこと

心の声を大事にするようになってから、自分の時間をもっと大切にしようと思った。

誰にでも平等に与えられている一日24時間という時間

その中から自分がやりたいことに時間を使うためには、寝る時間を削るか、今まで他のことに費やしていた時間を確保するしかない。

寝る時間はとっても大事。

人とおんなじことをやってたら、自分らしく生きることなんて出来ない。

だから、やらないことを少しづつ増やしていった。


スケジュールが埋まってないと不安感に襲われる。なんて人も世の中にはいるみたいだね。

わたしは、スケジュールが埋まってるとちょっとうんざりしちゃうんだ。

なんだかタスクをこなすだけの日があるってだけで、気が重い。

何にも予定が入っていなくて、自由に自分のやりたいことにだけ時間を使える日が大好き。

その「やりたいこと」の中にはこうして文章を書くことも含まれてる。


決して参考にはならないと思う「わたしがやめた5つのこと」


1.テレビを観ること。

我家にはテレビはありません。パソコンでもテレビは見られるけど、ほとんどつけない。たまにつけると、意味もなくぼ~っと見ちゃう。

勝手に入ってくる情報に受け身になって、ほんとはそんなに興味があるわけでもないのに先が気になってしまう。

テレビは思考することを奪う魔物だな~ってつくづく思う。


2.飲み会や女子会

どうしても避けられないものを除いて、極力無駄な飲み会には行かない。

行ったら楽しい時もたまにはあるけど、行って楽しい飲み会は「飲み」の場じゃなくても楽しい。


3.SNSをだらだら見ること

投稿もするし、他の人の投稿も見るけど。時間つぶしでひたすら見続ける。なんてことはしない。

SNSのいいところは、日常では接点のない著名人などの考え方やモノの見方を感じ取れるところだと思ってる。

それ以外のものを必要以上に見ていると、疲れちゃうんだよね。


4.掃除機をかけること

カーペットを全部取っ払っちゃった。そうするとワイパーで、くるくるっと床の掃除が出来るの。

わざわざ掃除機を出す手間が省けて、気になった時、しかも隙間の時間に床のお掃除ができる。

お掃除は気になった時にぱぱっと出来るのが綺麗を保つ秘訣でもあるし、気合を入れたり、時間を確保する必要もない。


5.無駄な残業

やることてんこ盛りの仕事であっても、自分で何時までに仕事を終わらせる!って決めると大抵はその時間で仕事は終わらせることが出来る。

よっぽど緊急で、予測不能の突発的なことでも起きない限りは。

終わらないのは「みんな残ってるから」とか場の雰囲気に惑わされたり、自分で時間を決めて仕事をしてないからってことが意外と多いもんだよ。

空気なんて読まなくていい。無駄な残業はとっととやめて自分のための時間を確保した方がよっぽど自分のためになる。


何に価値観を置いているのかは人それぞれ。

わたしがやめたことはどれも私にとってとても価値観の低いもの。だから決して参考にはしないでください。(笑)


ブログランキングに登録してます。応援が励みになります。ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA