そう思ってるの案外自分だけかも・・

男は泣いてはいけない
Pocket

「魔法使いのひとりごと」というチャンネルでラジオ配信しています。

この記事は2021/6/29に配信した内容を書き起こしたものです。

音声はちら


ずっと何年もそう思い続けてきたのに・・

月に2度ほど「プロコーチが語るコーチングの魅力」というタイトルでclubhouseでroomで作ってます。

毎回いろんなコーチの方の人生の変化の経緯や出来事を聴いたり、日常に活かせるコーチングについてお話伺ったりしています。

人が変わっていくきっかけや出来事を聞いていると、自分と重ね合わせてみたり、その時の心情を想像してみたり、、、

毎回新たな気づきがあったり、感動したり、すっごくいい時間です。

前回のclubhouseで、めっちゃ尊敬しているあるベテラン男性コーチのお話を伺っていたんです。

その方が、思い込みが一瞬で外れた出来事をお話してくださいました。

それまでずっと持っていた思い込みというのが、

「男は人前で泣いてはいけない」

この思い込みを持ったまま、ある時参加した講座で、その思い込みについて話をする機会があったそうです。

それを聞いたその場の十数名の女性が口々に、

「人前で泣ける男はかっこいい」と反応した。

その瞬間その思い込みが外れた。と仰っていました。

さらけ出せる勇気

自己開示することですら、勇気がいることなのに、その一歩を踏み出したこと、

その機会があったことも、その一歩が元で思い込みが一瞬で外れたことも、「すごいな~」と聴いてました。

で、clubhouseが終わった後にいろんなことを思い出したんです。

男性エネルギーの強い人って、自分が悪いとわかっていても、謝ることにすごく抵抗がある。って以前聞いたことがあります。

私自身も以前は謝ることが苦手だったな~というか、謝ったら負け。みたいな変な思い込みがあったな、とか

自分の弱さを見せてはいけないという思い込みを持っていたなとか 。

でも自分の弱さをさらけ出せるのって、ある意味本当の強さがないとできないと思うんです。

ぶれない軸っていうか・・

女性から見ると、謝ることができる男性ってかっこいいし強いなってやっぱり思えます。

鎧を脱ぐともっと楽に生きられる

漫画のワンピースが好きなんですが、 単行本の第一巻第一話で、シャンクスが酒場で山賊に絡まれるけど、売られた喧嘩を買わず、あとから笑い飛ばしてるシーンがあるんです。

その時まだ子どものルフィーはそんなシャンクスに「かっこ悪い」と言ってしまう。

まさにこれなんですよ。

オラオラしてないの。

芯の強さがあるから、頭からお酒をかけられて、傍目にはかっこ悪くても、カッコいいんですよね。

幼少期からの刷り込みで「男の子なんだから」と言われて育ち、強くなければいけない。泣いてはいけない。と思い込むことって男性はきっとありますよね。

男性に限らず多くの人は、人生のある時点の出来事をきっかけに自分を守るために作ったルールや思い込みにずっと影響され続けること、あります。

でも案外そう思ってるのって自分だけで、ちょっとしたきっかけで「あっ。そうなんだ!」って気づくこと多いんです。

私自身「弱さを見せてはいけない」「謝ったら負け」みたいな変な思い込みというかその概念が外れてから、すっごく楽に生きられるようになったな~なんてことを思い出しました。

今日はこの辺で、では、また~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA