「行動を起こし、あとは成り行きに任せる」この言葉の背景にある苦悩と決意

未来は白紙
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

未来は白紙


きのう、すご~く久しぶりに「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」を観ました。

「1」と「2」はその前日に観賞済み。


ものすごく久しぶり

だけど、やっぱり名作だね。この映画。

頭で考えると、「んん!?」ここどうなるの?なんて思うトコロはあるにせよ。

なんてったって、映画はエンターテイメント

楽しめました。

時が経っても面白く観れる貴重な映画のひとつです。


ちょうどね、先日図書館に行ったときに

マイケル・J・フォックスが書いた「ラッキーマン」という本を読んだ。

かなり飛ばして流し読みだけど・・・速読は身に付けてないから流し読み(笑)

本の中に

自分は(パーキンソン病になって)ラッキーなんだ。って書いてあった。


文中の文章までは覚えていないんだけど、このようなことが書いてあったの。

スターになって、ちやほやされる状況を疑問に思い、おごらずにいたからこそ、パーキンソン病になったころを「ラッキー」だと思えてる。

あのままスター気取りで虚構を現実だと思って進んでいたら、この状況は受け入れらなかった。


シリーズ3作のヒットで、一躍スターダムにのし上がったのに、その状況は「ふつう」ではないっと客観的に見ていた彼をすごいと思った。

見習うトコロしかない。


パーキンソン病を公表せずに舞台に立ち続けていた苦悩

意を決して公表した勇気

「行動を起こし、あとは成り行きに任せる」

このことばの背景にあることを思うと、

わたしたちの一歩先に進もうとする勇気なんて、どれほど小さい一歩なんだろう!!

なんて思ったのでした。


そして、昨日観た 「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」 のドクのセリフ

未来は常に白紙。自分で切り開いていく。


シンクロしていて鳥肌が立ちました。

いつだって、この瞬間から自分の望む未来を作っていける。

時が経っても色褪せない映画と、その主演俳優に改めて教えてもらいました。


ブログランキングに参加してます。ポチっとしてくれると喜びます。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA