望む未来への宝の地図は、自分の背中に貼ってある

鍵
Pocket

「黄色い戦士の魔法の杖」というチャンネルでラジオ配信しています。

この記事は2022/3/24に配信した内容を書き起こしたものです。

音声はちら


自分の中にあるものを取り出して、言語化することで気が付くことがとても多く、また自分自身に落とし込めることを実感しています。

コーチングのプロセスとまさに同じですね。


前回の配信で「自分では気が付くのが難しい部分。盲点となってしまう強み」を見つけるヒントが、俯瞰すること、他人と関ることにあるんじゃないかな。とお話しました。

自分では気が付けない部分ってどうしてもあるんです。 だから他人の視点が必要なんですが・・


気が合わないあの人も、元は自分の分身?

以前こんな話を聞いたことがあります。

もともと一つの魂だった自分が、いろんな経験をするために分離して世界中に散らばっている。地球の裏側にいる名も知らぬ人も自分の一部。という概念があると。

自分の背中や足の裏は、自分で見ることが出来ない。自分の背中や足の裏がどうなっているのかに気が付かせてくれるために分離した自分(つまり他人)が存在する。

だからソリが合わない人、価値観が合わない人など受け入れがたい人こそ、自分にとって必要な人。自分の背中や足の裏に気が付かせてくれる存在なんだ。っていう話を聞いたことがあります。


「すべての悩みは人間関係の悩みである」というアドラーの言葉もありますが、この解釈を知った上で他人と関っていると、受け入れ難い人こそ必要な存在でありおもしろいなと思えました。

「あっ私の足の裏発見!」みたいな感じでしょうか?


やりたいことを見つける一つの選択肢

今日は、盲点になってしまう背中を知る方法「やりたいことを見つけるためのひとつの選択肢」について話そうと思います。

物事の選択を自分の興味の枠の中だけで選択していると、どうしても選択肢が限られてしまう。 その延長線上にあるものは、どこまでも想像できる範囲にしかない。

選択肢が多ければいいというわけでもないとは思います。

でも本当に「やりたいこと」や「自分が望む未来」に繋がるには、興味の範囲を超えたところ、枠を超えたところにある可能性が高いと思ってます。

そうでなければ、「やりたいことが見つからない」とか「好きなことがわからない」なんてことにはならないと思うんです。

前回の配信で「好き」や「嫌い」というフィルターも制限を作ってるのかもという話をしたんですが、興味の範囲外のことでも人から勧められたらとりあえずちょっとかじってみるというのもアリかなと思ってます。

とりあえずちょっとだけかじるというのがポイント。

味見程度 かじって、取り入れてみて、それでも違うと思えばやめればいい。


ちょっとかじってドはまりし、自分を知った

今「upland」というメタバース系の土地売買ゲームみたいのにはまってます。

uplandを教えてもらって最初のころは「メタバース?何それ美味しいの?」という感じで、よくわからないけど、とりあえずアカウント作ってみるかな。ちょっとだけやってみようかな。という感覚でした。

ところが、やっているうちに「あっ私物件が好きだった」と気づいたんです。

以前から「ゆっくり不動産」というユーチューブチャンネルの動画を楽しみに観ているし、間取り図見て妄想するのも好きだったことを思い出しました。

さらにいうと、仕入れて付加価値をつけて売ることは、ずっとやってきたことでもありました。だから、安く土地を買い高く売ることは、私にとって苦も無くできること、楽しくできることの一つだということに改めて気づいたんです。

かじってみなければ、得意なこと好きなことがここにもあったということに気が付かなかったと思います。

それが何の役にたつのか現時点わかりませんが、改めて自分を知ることが出来たこと、さらに今楽しんでることに意味があります。

このラジオによる音声配信にしても、コーチングにしても自分の枠だけで選択していたら間違いなくやっていません。

声にも、話すことにコンプレックスを感じていた自分は、今となっては遠い過去になってるし、コーチングは人生の一部になっています。

いずれにしても、第三者の視点で提案されたことが、私の足の裏や背中になってる部分に気が付かせてくれるきっかけだと感じました。

もちろん取り入れてみて違うと感じてやめたことも多々ありますが、食わず嫌いで、自分の枠の中だけで選択している限り、やりたいことにはたどり着いたり、自分を再確認できる機会は限られるのではないかと思ってます。

好きや嫌いという感情だけではなく、諸々の条件で取り入れるのが難しいときもありますが、背中や足の裏を見るために、枠を超えてちょっとかじってみること、出来る範囲で取り入れてみることをオススメしたいと思ってます。

今日はやりたいことを見つけるためには?というテーマでお話しました。

今日はこの辺で、では、また~


※uplandとは※

「upland」とは、地球上にあるリアルな土地区画を、仮想空間(メタバース)で仮装通貨を使用し、購入したり売ったりできるブロックチェーン技術を使った土地売買ゲーム。(と私は解釈してます。あまり詳しくない分野なので解釈が違ったらごめんなさいm(__)m)

今はまだプレイヤー自体そう多くないので、今のうちに有限である地球上の土地を安く買えます。リアルには目玉が飛び出るような憧れの土地さえも、ゲーム内なので所有できる。

暇さえあればGooglemapで「どこを買おうかな?」と妄想してます。

おともだちのさぼんたろうさんのnoteがわかりやすいので、興味を持たれた方はこちらからどうぞ。

アカウントを作るのであれば誰かのリファを踏んだ方がお得です。こちら➡https://r.upland.me/esmVを踏んでいただけるとめちゃくちゃ喜びます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA