「売れる」ためにハンドメイド作家は何をすべきか?

「売れる」ために知っておくこと
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

作っても売れない

これだけ市場に「モノ」が溢れていれば、作品を作ってサイトに掲載しただけで簡単に売れる。

なんてことはそうない。

ハンドメイド作品に限らずだけど。


何か価値(作品)を提供しようとしているのなら、自分(の作品)を知って、市場も知る。ということを意識するといい。


昨日の記事で「棚卸」のススメについて書いたんだけど

何のためにやるのか?というと、自分の強みを見出して、他者との違いを浮き彫りにするためなんだ。

他のハンドメイド作家との違いを自分自身がわかってないと、どんな風に「おすすめ」したらいいかわからないし、

どんな人がどんな場面でその作品を欲しているのかもわからない。


そうなると、説明文を作っても「誰にも刺さらない。」変哲のない紹介文ってことになってしまう。


自分自身の棚卸が出来ていると、競合との違いが明確になっていく。

その違いこそ「個性」

あなたの作品の「強み」

他者との「差別化」に繋がる部分

個性がわかったら、そこをどんどんブラッシュアップしていくことで、「他」とは違う「自分だけの」ハンドメイド作品に繋がっていく。


大事なのは、抽象的に理解するんじゃなくて「言語化」する。こと。

なんかおしゃれ

なんか可愛い

なんか素敵

「なんか」の部分を言語化する。

言語化することで、「こんな人」に「こんな場面」でと提案できるし、

その時「こんな感情」になる。って、、、

商品(作品)を買った先の、使っている時の感情を、作品を見た「今」イメージ出来る。

その作品を得た未来に、イメージが繋がるんです。


「ハンドメイド」だから唯一無二なわけじゃない。

ハンドメイドマーケットにしても、フリマアプリにしても「ハンドメイド作品」なんてわんさか出てる。

お店でも売っていそうな作品を、「ハンドメイド」だから「誰ともかぶらない」なんて思わないし、

購入する動機にはならない。


ハンドメイド作家を続けていくのであれば、「自分だけの」オリジナルの部分を追及し続ける。

そして進化していくことを意識する。


そして、改めて

大前提として「金銭」を受け取るのに値する作品なのか?

この部分を、ユーザー目線で、厳しい目で、作品を客観視してみることもすんごく大事。


「ハンドメイド作品だから」

「素人の作品だから」

なんて言い訳でしかない。


「ひとつひとつ手作業なので、表情の違いが出る」ことについては明記した方がいい。

けど

接着剤が表面にべたっとついている。

欠けや割れがある。

左右いびつ

飾りが偏っている。

縫い忘れている箇所がある。

こんなのは不良品でしかないし、充分に検品をしていない怠慢でしかない。


「ハンドメイド」だからということで、言い訳をして自分を守ろうとする気持ちがあるなら、信用は得られないし、

購入してくれた方がリピートしてくれることもない。

続けていくことは難しいと思った方が良いですよ。


ブログランキングに参加しています。ポチっとしてくれるとめちゃくちゃ喜びます。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA