人間関係で疲れたときに知っておくと楽になる「ある法則」

2-6-2の法則
Pocket

どんなに人気のある芸能人であっても少なからずアンチはいる。

万人に好かれる。なんてことはないんだよね。

 

以前「時間を有効活用するために知っておきたいパレートの法則」という記事の中で、世の中の富の8割を上位富裕層の2割が保有しているよ。って書いたの。

このパレートの法則(2-8の法則)っておもしろくて、作用するのは「富」に限ってないんだよ。

 

実は人間関係にもあてはまる。

人目が気になってついつい可もなく不可もなく、本当にやりたいことが出来ない・・なんていうときも、この法則を知っていると心が楽になるかも。

 

周りの人間関係をグループわけしてみると、ものすごく仲がいい人、心から話せる人、大好きな人というグループって全体の2割

その他の8割の人は可もなく不可もなく。まあ、ふつう~に接する人。

 

で、この「2-8の法則」さらに分けられるの。

「2-6-2」

上位2割・中間6割・下位2割

その他の「ふつう」に属する人たち8割のうち、何をしてもあなたと意見が合わない、嫌い、出来れば関わりたくない。そんなグループが実は2割!!

一定数はいる。ということ。

6割の人は?というと、風見鶏みたいな感じかな??時には仲良くなるし、時には反発するし、状況次第でどっちにでも振れる。つまり「ふつう」

 

何をやっても、

嫌われないように生きていても、

八方美人でいようとも、

好き勝手やろうとも、

自分のあるがままに生きようとも、

「合わない!!」一定数の人は必ずいる!!!

 

だとしたら周りを気にして自分らしくいることを抑える必要なんてないんじゃないかな。

とわたしは思う。

 

その選択は自由

何をやってもやらなくても!なんだよね。

 

何をやっても、やらなくても

人間いつか死ぬし、

人生一回きりだし

人目を気にして自分を抑えて過ごしているより、

自分の心に従ってありのままでいた方が人生ずっと充実する。

自分らしく毎日過ごしていると、キラキラオーラが内側から放たれてイキイキとした素敵女子になっていくよ。

そうすると、嫉妬して反感持ったり嫌味を言ったりする「2割」に属する人が現れたりするけど。

 

それは仕方ないのだ!!

法則はいつでも作用するから。

 

下位2割に振り回されるよりも、上位2割にフォーカスしていれば、そのうち気にならなくなるよ。

そもそも共通言語がないんだから、「あ~、なんか言ってる」と理解できない動物だと思えば気も楽です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA