痛みと快楽の法則 ダイエットも成功も原理は同じ

痛みと快楽の法則
Pocket

今自信がないのだとしたら圧倒的に経験値つまり行動が足りていないのかもしれません。

自信は経験値と成功体験を増やしていくことでついてきます。

そのためにはたくさん痛い経験をすることも必要です。

 

何を不快と感じて

何を痛みと感じるのか?

 

逆に何を快と感じているか。

無意識に痛みを避けていると願望をかなえるのって難しいの。

 

ほんとうの成功って実は痛みの先にあるんだよね。

 

たとえばダイエット

本気でダイエットしようと思ったのなら、食事制限や運動習慣が必要。

摂取する量(カロリー)を減らして消費する量(カロリー)を増やせば収支バランスが逆転するからダイエットに繋がるよね。

わかっていてもなかなかできないのって、食事の量を減らして空腹と戦う。とか

または普段はしない運動をするという痛みと向き合わなきゃいけないから。

当然苦痛は避けたいよね。

だからなかなか踏ん切りがつかなくて、つい先延ばししてしまう。

決心してダイエットを始めても、しばらくはその苦痛が続いて本当に辛いんだよね。

でもね、1か月位続けてくるとその痛みって慣れてくるんだよ。

腹五分目位がちょうどよくなってきて、逆に食べ過ぎると調子が出なかったり、

今まで痛みだった空腹感にも慣れて最初の頃より空腹を感じなくなる。

面倒だった運動もすっかり習慣になってくるから身体を動かさない方がなんだか気持ち悪くなってくる。

そうしているうちに体重は減って

ダイエットして痩せていくことが「快」になって、運動しないことや食べ過ぎてすまうことの方が「痛み」に変わってしまうの。

 

ジョギングやウォーキングやジムに行ったり筋トレにしても

日常的に運動習慣がない場合、「よし!!やろう」と動き出すまでが、ものすごく苦痛なの。

そこをね、ぐっと「えいや」っと勢いつけて無理やりにでも、自分を鼓舞しないとなかなか動きだせないの。

つまり「痛み」だよね。

でもね。これも何度も何度も繰り返していくうちに

動いて汗をかくのがだんだん「快」なってきて、身体を動かさないことが「痛み」になってしまうの。

気がついたときには、さっさと靴はいて出かけるのが当たり前になっている。

 

ダイエットも運動習慣も禁煙だって

そして、ビジネスも成功もおんなじなんだよね。

 

何を「快」と感じて、何を「痛み」と感じるか。

今「苦痛」「痛み」と感じているものが「快」に変わった時に

成し遂げたいことが達成に近づいてくる。

成功するために必要なのは今感じている「痛み」を「快」にすること。

「快」になるまでやり続けることで、あなたが望む「成功」への道が開けます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA