30秒で100万ドル?~ピカソの逸話。時間なのか?価値なのか?

30秒で100万のピカソの逸話
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

30秒で100万ドルのピカソの絵

ピカソの有名な逸話です。

女「ピカソさん。ファンなんです。この紙にひとつ絵を描いてもらえませんか?」

ピカソはその紙にささっと「30秒」で絵を描いて女性にこう言って渡しました。

ピ「100万ドルです」

女「えっ。ピカソさん。この絵を描くのに30秒しかかかってないですよ」

ピ「いえ。30年と30秒です。」


あっぱれ!!

知っている人も多いと思うこの逸話。人によっては、受け取り方は大きく二つにわかれるんじゃないかな。


「価値」に対して対価を支払う。

この概念がなく、ただただ無償で「くれくれ」っていう人が多いな~って思うのです。

何かの技術や知識を得るのに、大抵の場合はそこに至るまでに多くのものを費やしている。

時間かもしれないし、お金かもしれないし、または失敗という経験だってその過程にはあると思う。


「今」この瞬間だけ見て、安易に何か得ようとするのって、お金も支払わないでお店の商品をくれくれ。って言っているのと大きな差がないような気がするんだ。


わかりやすく「値札」がついている商品なら、その金額に値するものなのか?と判断しやすいけど。

情報だったり、技術だったり、知識に対しては、自分からは何も差し出さないのに、受け取ることだけしようとする人。いません?


時間もお金も使わず有益な情報だけを得ようとすること。とか

情報ならネットで検索すればある程度は集まるけど、ほんとうに有益な情報は無料では落ちてない。

自分からは対価を支払わないのに、情報だけくれくれ言うとか・・

情報に限ったことじゃないんだけどね。

自分からは何も提供しないのに、報酬だけ期待するような人っていっぱいいるよね。

何かを得ようと思ったら、何かを差し出す必要があるのは商品に限ったことじゃない。

何かスキルを身に付けるためには、そのスキルを身に付けるための「時間」だったり、教えてくれる人に支払う「お金」だったり、自分自身に投資した結果の「今」がある。


たとえばのわたしの場合、「洋裁」に関する知識や技術、そこから発展した「ハンドメイド」のサイトに関する知識など、長い時間をかけて培った経験もあれば、学校で学んだこと。アパレルの企画職で培ったもの。

ここまでに至る中で、めちゃくちゃ長い「時間」や「お金」を投資している。

知人だからという理由で、安易にリメイクやお直しを頼まれると「??」って感じる。


もしあなたの身近に何か自分が必要としている技術や知識を持っている人がいたとしたら、その人はその技術や知識を得るまでにどれだけのモノを投資しているのかを考えてみて欲しい。

もし自分自身が何かの技術や知識があるなら、今に至るまでにどれくらいの時間やお金を投資したのか計算してみるといい。

そうすると、安易に「教えて」なんて言えないはず。

ましてや、自分からは何も差し出さないで利益だけを享受しようなんて思わないはず。


何かを得ようと思うなら、先に何かを差し出さないといけない。

考えてみたら自然の摂理だと思うんだ。

時給のおしごとで、一生懸命やっても、さぼっても、均一で時給は変わらない。

「一生懸命やったら損だよね。」って考えるような人って、この感覚はわからないかもしれないな。


世の中に流通しているものは、ほとんど全てが「価値」の提供

たくさんの「価値」を提供している人のところに、たくさんの物質的豊かさが戻ってきているだけ。

今のライフスタイルを変えるつもりはないのに、たくさんお金だけください。はその法則からはみ出ているって気がついた方がいいと思うよ。

どんな価値が提供できるのか?色々試してみると退屈しているヒマなんてなくなる。


ブログランキングに参加してます。パンダちゃんをポチっとしてくれると励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA