「時計仕掛けのオレンジ」のアレックス気分になってみた。

時計仕掛けのオレンジ
Pocket

めくるめく狂気の世界と雨にうたえば

頭を固定され、乾かないよう目薬を差し続けられ、暴力的な映像を見続け、「良い人」になれるように洗脳される。

時折やってくる痛みと目をやけつくすほどの強い光

ここはどこなのか?現実なのか?空想なのか?

逃げたいのに逃げられない。

見えるものは強烈な光だけ。

そして、大音量でこだまするベードーヴェン、、、


たけくまの空想の世界へようこそ。

網膜のレーザー手術を受けてきました。その間は映画「時計仕掛けのオレンジ」のアレックス気分。

手術自体はほんとにすぐ終わったし、たまたま検査で眼科行って、先生に異変をすぐ見つけてもらって、週末挟んだけど、すぐ手術出来たし。いつもツイテます。

「今日もツイてる」と言い続けていると、どんな出来事も「ツイテる」部分に気がつく。

網膜裂孔に気がつかず、放置してたらゆくゆく失明してたかも、、、

今日も綺麗な青空が見られて嬉しいな。

なんて穏やかに思いながら、アレックス気分が抜けない。

どんな「ふり幅」なんじゃい!!(笑)


さて、手術も終わったから、ミルクバーに寄って、ドルーグと、本能のまま、どんなウルトラヴァイオレンスを味わおうかと計画

こんどは「Singing in the rain」が頭のなかでリフレイン

70年代レトロのスタイリッシュなインテリアとファッション。真似したくなる溢れんばかりの色彩の芸術

狂気なのか芸術なのか

正義なのか悪なのか

そこにあるのはめくるめく欲望とエクスタシー

本能のまま繰り広げられるセックスとヴァイオレンス

何年経っても色あせない強烈なインパクト

美しい映像美と音楽の融合

いつまでも脳裏に焼きつく、強烈な、どこをとっても絵画のような美しい狂気の世界

また観たくなってきた。

好き嫌いがはっきり分かれるだろうけど、この作品は「名作」です。


興味がある人は、覚悟を決めて観てみてね。



ブログランキングに登録してます。ぽちっとしてくれるとめっちゃ喜びます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA