制限をかけているのは他ならないアイツの仕業。「嫌なら嫌」と言ってもいいんだ

自分の心の声をたいせつにするということ
Pocket

ちょっと自分を低く見ていた。と気がついた。

思い返してみると、我慢し過ぎていたな~って

そんなに我慢する必要なんて全然なかったって。

ご縁あってしばらく行っていたおしごとで、「それどうしたって怒られるでしょ」「それわたしがする仕事ですか?」って思う仕事を任されていたのね。

先方に提出が必要な書類。

持っていったら期限がタイト過ぎて、苦言どころか怒られること必至。

怒られるのは窓口になっているわたし。

でもそのしごとをやって!って持ってくるのは社員さん。

どうしたって理不尽じゃない??って思ったけど「まあしごとだから仕方ないようね~」って心の中で思いながら、やるしかないよね。

そして提出した先で当然先方に怒られる。しかも課の偉い人が出てきて怒られる。

まあ、怒られるのは想定内だし、おとななんだから表面上いくらだって頭を下げることだって出来るさ。

だ~け~ど~、なんだかしっくりこない。やっぱり納得いかない。


そして、ふと思った。

なぜにわたしは、そのまま我慢してその仕事を引き受けてしまったのだろうか?と。

「やりたくありません」って心のままに言っても良かったのに。って

仮に「やりたくありません」って言ったところで、最終的にやらなきゃいけないんだけどね。

それでも「やりたくない」っていう気持ちを伝えることは出来た。

というか自分の心をたいせつにしていたら、「やりたくありません」って言った方が絶対よかったな。って今になって気がついた。

自分の意見を主張すれば、社員さんは当然困る。そのしごとをやってもらわなきゃ困るからわたしを説得するよね。そしたらその時初めて「仕方ないですね。じゃあやります」って言えばよかったんじゃない??って思った。

なんでも我慢して受け入れていたのって、自分で自分の価値を低く見ていたことにほかならないな~って思ったのだ。

「これくらい我慢してお仕事やらないと自分には価値がない」っていう潜在意識からきているものなのかな~って。

自分の心にありのままに生きることって、ちゃんと気持ちを伝えることでもあるんだな。

結局やらなきゃいけないにしても気持ちを伝えることがすごく大事。


次からはもう我慢しない!って決めた。

自分で自分の価値を下げちゃいけないね。

そんなことに気が付けて良かったな~って思った件でした。


ブログランキングに登録しています。ぽちっとしてくれるとうれしいな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA