これに気が付くと、旅に行かなくても、今すぐ手に入れられる

脳内旅行
Pocket

「魔法使いのひとりごと」というチャンネルでラジオ配信しています。

この記事は2021/4/3に配信した内容を書き起こしたものです。

音声はこちら


脳内旅行で気づいたこと

昨年のコロナによる非常事態宣言からはじまり、旅行はおろか実家のある道東にも行けてないんです。

年配者が多い田舎に行くのは、そこにいつもいる両親への負担考えると、行くのを躊躇してしまい、なかなか行けない。

そんなわけで北海道どころか札幌からも一年以上一歩も出てません。

飛行機に乗ってどこかに行きた~い!と思い、たま~にGooglemapでバーチャル旅行しています。(笑)

バーチャル旅行していたときに「旅に行ったとしてそこで何したいのかな?」と考えてみたんですね。

「 買物して満たされたい」という願望はほぼなくて、美味しいもの食べて、美味しいお酒のんで、究極リラックスして、こころがのびやかで幸せを感じたい。が望みなんだな~と気が付いたんです。

それが、沖縄であろうと、マチュピチュであろうと、セブ島であっても、ボラボラ島であっても ・・

得たいのは「状態」ではなく「幸せな感情」なんですよね。

なので、場所は結局どこでもいいんだな。と思ったんです。

「今」この瞬間得たい感情を「選択」する

旅先ではなくても、

リゾート地でなくても、

こころがのびやかで幸せを感じることはできる。

例えば、 さっぽろでいえばJR札幌駅のJRタワーの38階に「T38」という市内を見渡せる展望施設があるんですが、そこで珈琲飲みながらゆったりしていれば、開放的な気分でしあわせ感じられる。

なんだったら、温泉につかっていても、リラックスして心の伸びやかさを感じられる。

もっと極端なことをいうと、自分の部屋にいて、好きな豆大福食べて、やりたいことやってるときはリラックスしてのびやかさというか広がりを感じられる。

「こうなったら幸せ」というのは状態だけど、その奥にある「なんのため?」を突き詰めていくと、結局得たいのは、状態ではなくどんな感情を得たいのかに辿りつく

「なんのため?」「なにを得たいの?」の本質に辿りつくと、旅にいかなくても、その状態にならなくても、「今」この瞬間それを得ることができる。

よくある例として「お金持ちになったら幸せ」「結婚したら幸せ」

じゃあ、そうなっていない状態では「幸せ」ではないのか?というとそんなことはない。

その状態を得た先のほんとうに得たいモノは何か?をつきつめて考えてみると、たどり着くのは感情なんですよね。

得たいのは「状態」ではなく「感情」

状態は二次目的でしかなく、その先の得たい感情が「一次目的」

そこに気が付くと、二次目的である「状態」が手に入らなくても、いつでも満ち足りた感情を得ることはできる。と気が付けます。

あなたのなりたい「状態」の、その奥にあるほんとうにたどり着きたいのはどんな「感情」ですか ?

今日はこの辺で、では、また~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA