「好きなことで生きていく」ために知っておきたい考え方

好きなことで生きていく
Pocket

「魔法使いのひとりごと」というチャンネルでラジオ配信しています。

この記事は2021/2/9に配信した内容を、読みやすいようにカスタマイズしたものです。

「収録」ではなく「ライブ配信」に初チャレンジ

11月~12月にかけて出版サポートさせていただいた著者さんをゲストに迎えたコラボトークです。

直に聴いていただくと真意が伝わりやすいと思う。(^^♪

ちょっと長いけど、アプリならバックグラウンドおよび倍速再生できます。音声はこちら


好きなことをやるために

好きなことだけやっていければいい。嫌なことはやらない。は逆なんですよね。

好きなことをやるための手段として、得意ではないことをやる時間も必要。

苦手なこと、得意じゃないことは避けたいが、やらなきゃいけない。

だけど心が付いていかないときもある。

そんな時はやれるときまで待つ。やれないときは手放すのも大事。

苦手なことをやるときには気合が必要で、そんな時に違うことをやったとしてもそれに対して自分にダメ出しをしないことが大事。

YouTubeの沼にはまったり、無駄なことに時間を費やしたな。と思っても、その無駄だと思った時間が後から役に立つこともある。

結局人生に 無駄なことなんてひとつもないんですよね。

やりたいと思った心のままに動くとことで、あとから何かと繋がることがある。

自分らしくあるために大事なことの一つはリラックス

リラックスしている状態になると、心が、気持ちが整ってくる。そうしているうちに「やろう」という気持ちになる。

リラックスしている状態はアイディアも浮かびやすい。

リラックスしている状態に持っていけると次に向かえる。

いかに日常的にリラックスしている瞬間を創れるのかはとても大事。

なぜそれをするのか?「何のため?」を自問する

そして、やりたくないことをやるのはなぜなのか?ここを何度も落とし込むことがとても大事。

それは、大きな目的があるから。

結果がすぐに出ないときは、目先のことばかりに意識が向いて、本来大切な大きな目的を忘れがち。

ハウツーにばかり目が行ってしまう。

そんな時に必要なのが「何のために」

これが自分に落とし込めていることが大事

自分の強みは自分では気が付かない。

自分のことは一番見えない。

自分のできてないことに目がいきがち

モノゴトを始める前に陥る思考の渦

たたかれるかどうかわからないうちから、投稿する前から「炎上するかも」と思ってしまう人がいる。

どう思われるかは外側のこと。

現実はひとつだが、受け取り側の解釈は多様

相手の反応を気にしているとキリがない。

自分がどうしたいのかが大事。

それに共感してくれる人がいればそれでOK

都度都度、自分がどうしたいのか?どう在りたいのか?何のためにに立ち返ることが大事

自問しても最初は表層部しか現れない

「何のため?」と自分に質問することで自分のミッションに繋がる。

ただ、最初のうちは表面的なことしか出てこない。玉ねぎの皮をむくように自分に何度も問いかける

何度も何度も繰り返し聞いているうちに、本来の目的に繋がる。

「お金が欲しいから」「成功したいから」これらは表面的な「皮」の部分でしかない。

本当の自分の「核」に辿りつくには時間もかかるが、たどり着いた時には魂が震えるような感覚になる。

これが行動の原動力になる。

一見ネガティブな感情も大事にすることで気づくこと

感情こそ大事にする。

怒りの感情を悪いとしないことも大事

ネガティブな感情も「話す」ことで手放すことに繋がる。

相手のネガティブなエネルギーを正面から受け止めるとダメージを受けてしまうが、 自分自身の在り方を整えていくことで、周りにいる人も変わってくる。

職場などの環境も同じ。

環境を変えても状況が変わらないのは、相手ではなく自分の心の問題。

自分自身が変わればおのずと環境は変わっていく。

自分のマイナスの感情を全部出しきるのは大事。

感情は感じ切ることで消えてなくなる。

感じないように蓋をしてしまうことでいつまでも乾かずじくじく残ってしまう。

ネガティブな感情と向き合うのは時にしんどいが、感情を感じ切ることで、そのネガティブな想いから解放される。

感謝する習慣を作ることは「筋トレ」と同じ

今あるものに目を向けることが大事。

感謝する習慣は筋トレと同じだから、「感謝してみよう」と思っていきなり感謝できるものではない。

今目の前にあるものに目を向ける

ないものではなく「ある」ものを一つ一つ気が付くと「当たり前」だと思っていることこそ感謝するものだと気が付ける

気が付けると「今、生かされていること」に感謝できるようになっていく。

借金がある人こそ、ないものにフォーカスしがちだが、「あるもの」にフォーカス

借金のことも、環境も、自分の在り方も根本的にすべて繋がっている。

リラックスして、感情を感じ、あるものに感謝していると、情報もチャンスも受け取りやすくなっていく。



コラボトークの著者さん「美容室オーナーまいこや」さんのラジオチャンネル「女性がきれいで笑顔なら世界は平和ch」はこちら

まいこやさんの著書「集客迷子になる前に/幸せに成功する自分軸が整う心の在り方」はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA