人生RPG~次のステージに進むために必要なアイテムを手に入れろ。

RPGだと思って遊んでみる
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

決めることって勇気が必要だな。と感じています。

決めない方が楽なときが多いから。


でも、実は「決めない」というのは、「決めない」ということを「決めてる」んだよね。

一見リスクを回避しているように見えるけど、決めない限りどこにも進めていない。

とりあえず「決めて」進むと、何かしらのフィードバックはあるものだもの。

本当は「決めない」方がリスクが高いんだけど、「決めること」って怖いんだよね。


今までと違う選択肢をしようとするのって、ものすごく「勇気」が必要。

どんな些細なことであっても。


ある日突然人生が変わることを期待している人って多い。

宝くじが当たったら・・とか

運命的な出会いがあって・・とか

わたしの隠されたポテンシャルを見つけてくれる運命の出会い。とか(笑)


すんごくわかる。

以前のわたしもそんな風に夢見がちだった。

でも夢見ているうちに少女じゃいられなくなった・・・(笑)


「お金があったら」とか

「時間があったら」とか

今ないものにフォーカスを当てて、理想の自分ではないことの言い訳にしていた。

現状が変わらないのは「○○がないからだ」「○○さえあれば、、、」という具合に。


変われないことを自分以外の環境や人のせいにして、そこに留まり続けるのって「楽」だし、脳は現状維持が好みだし。

今までと違うことをやろうとしたり、違う価値観を身に付けようとすると、脳がブレーキを掛けてくる。

「あぶない!やめろ!!!」って。

だから、変われないのはある意味仕方ない。


だからこそ、「変わろう」とすることはめちゃくちゃ「勇気」が必要になってくる。

「怖い」という感情がやってくるのは仕方がないこと。

今までと違う価値観を受け入れることで、180度考え方が変わるから。

変化すると今までの自分ではいられなくなるから。

自分の価値観を疑うところから始めるのは、めちゃくちゃ勇気を振り絞る必要がある。

なによりも自分に言い訳したくなる。


次のステージに進むために必要な「アイテム」が勇気なのかもね。

だから、次に進むために自分の人生がRPGだと思って日々遊んでみると楽しくなってくる。

頭の中で音楽流してみたり、「アイテムを手に入れた」と宣言してみたり。

それまでの価値観がガラガラと音を立てて崩壊させて先に進むと世界の見えかたが「がらり」とかわる。


ステージが変わり世界観がガラっと変わるのを楽しみにして勇気というアイテムを手に入れる。

そのステージから先に進みたくないなら留まるのもひとつの選択。


もし思い通りに進んでいないのであれば、今まで通りの考え方という枠から抜けてみる。

せっかく「うまくいかない」という現実があるのに、そこに留まり続ける必要はないんだから

枠の中に留まって、起こる出来事を周りのせいにしているのも自分の選択

枠から出ようと勇気を振り絞るのも自分の選択


「決めない」のも自由

「決める」のも自由

全て自分が決めていること。

その通りの現実がやってきているだけなんだ。


ブログランキングに参加しています。ポチっとしてくれるとめちゃくちゃ喜びます。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA