「ミニマム」であることと「クリエイティブ」であることは両立できるの?

ミニマムの前に最適化
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

「模様替え」はプチ引越し気分になれる

ただ今、モーレツ模様替え中です。

お部屋移動に伴って、あちこちに散らばったものをカテゴリーごとに分けて、不要なモノを処分してます。

「模様替え」が好き♪

おなじ家の中でも、違う環境になった気分で気持ちがリフレッシュできるから。

「模様替え」するたび、どんどんシンプルになっていくし、どんどん身軽になっていく。


と言っても、決して「ミニマリスト」ではない

どちらかというと「ミニマリスト」にはなれないと思ってる。

モノは少ない方が良いとは思うんだけど、何のために「ミニマム」にこだわるのか??って考えた時に、

わたしの今のライフスタイルでは、モノが少なすぎるとクリエイティブになれないと思った。

あくまでも現時点でのことだから、ライフスタイルが変われば変わってくるかもしれないけれど。

最低限のモノだけのシンプルな空間ではなく、居心地が良くてウキウキする空間の方が好きなんだ。

「ミニマム」ではなく「最適」にこだわってるのかもしれない。


「ミニマム」よりも「最適」を探る

モノを整理して片づけることの意味は、どこに何があるのかを把握するため。

何か作業するたびに「モノを探す」行為は、時間がもったいないから。


インテリアに関してもホテルみたいなシンプルさはわたしには合わないな~。

たまにシンプルなホテルに泊まるのは好きだけど、日常には取り入れたくない。


自分にとっての「最適」とは。

今はミニマムがもてはやされているけれども、自分にとって何が最適なのか考えることの方が先だと思う。

最適化して何をやりたいのか?どんなライフスタイルを望んでいるのか?

ここが前提になければ、表面的なミニマムだけを追い求めても、「あれっ?なんか違う」な~んてことに成りかねない。

ミニマムであることと、幸せであることって、必ずしもイコールではないと思う。


空間だけじゃなくて、日常のありとあらゆるものを「ミニマム化」することは、必ずしも「モノを生み出す」ことに繋がらないと思うんだ。

昨日、自宅から歩いて20分の家具屋さんまでトコトコ歩いて行って帰ってきた。

バスで行けば時間短縮になる。

「時間がもったいない」という観点でいえば一見無駄な行為。

だけど、行きは歩きながら「耳勉」で情報をインプット。

帰りは、歩きながらブログの記事をスマホに音声入力していた。

歩いて足の裏から刺激を受けて、身体を動かしているからこそ考えがまとまって、何かを生み出すことが出来たんだ。

だからこの時間は私にとっては全然無駄な時間ではないんだよね。


以前「片づけするときに迷わない!断斜離でリバウンドしないために知っておきたいこと」という記事でも書いたんだけど、まずは自分の価値観を把握するところから。

そして、「ミニマム」に踊らされるよりも、自分にとっての「最適」を探る方がいいかもしれないね。


ブログランキングに参加してます。パンダちゃんをポチっとしてくれると励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA