孤軍奮闘を手放してみると、「愛」と「優しさ」が溢れだす。

一人で頑張るのをやめると変わる現実
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

引き寄せの法則は叶わない!?

本を読んだり、試してみて「願いは叶わない。」という結論に至ったことがあります。

でもね、間違った解釈をしていたことに気がつきました。

頭でイメージしたものが叶うわけじゃないんです。


類は友を呼ぶ

この言葉の方がわかりやすいかもしれない。

「引き寄せ」という表現ってなんだかわかりづらいけど、自分が発した波長にあったものが現実として現れる。

ラジオの周波数を合わせると、合わせたチャンネルの音が聴ける。

そんな感じかな!?

「頭」でイメージしたことは叶わないの。心の奥底で信じていることが現実として現れる。



かつてわたしは孤軍奮闘してました。

いつだって 、ひとりで頑張ってた。

人生を信頼していなかったのかもしれない。


せっかく手を差し伸べようとしていくれる人がいても「大丈夫です」って拒否していた。

頼るのは相手に悪い。と信じていたから。

せっかくの申し出を何度も断っていると、そのうち声もかけられなくなる。

そうすると、「やっぱりわたしがもっと頑張らないと」って一人で頑張るサイクルにますます陥る。

でもね、ずっとそれをやってると、めちゃくちゃ疲れるし、うまくいかないんです。

自分ひとりで頑張っちゃうのって、結局他人を信用していない。ってことだった。


「わたしが頑張らなきゃ」という思考でいると、いつも頑張らなきゃいけない現実がやってくる。

せっかく手を差し伸べてくれようとしているのに、条件反射的に「大丈夫」って言っちゃう。

レモンを見て口の中がすっぱく感じるのとおなじ。

この条件反射はそう簡単に変われない。


だってずっとそうやって生きてきたから。

人に頼る

人に甘える

それが一番苦手なことだった。

長女だったし、常に「しっかりする」ことを求められて育ってたから、

そうじゃない選択って難しいの。

それを手放すのも結構勇気が必要なんだな~。


でも、ここを、ぐぐっとこらえて受け入れるようにしてみる。

そうすると、世の中は手伝いたい人であふれているんだな。って気がつける。

手を差し伸べたい人であふれている。

愛がいっぱいだって気がつける。


だって人に頼られると嬉しいよね。

あてにされると嬉しいよね。

わたしは嬉しいな。

誰かに頼りにされるのって、きっと誰にとっても嬉しいことなんじゃないのかな。って気がついた。


でもぽ~んとそれを放り投げて、人に頼るという選択を受け入れるようになったら、親切に手を差し伸べてくれる人が現れた。

「一人で頑張る」という信念をもっていた時は、「一人で頑張らなきゃ」いけない現実がやってきた。

世界は「愛でいっぱい」と気がついたら「やさしさ」という「愛」がいっぱいの現実がやってきた。

「愛」がいっぱいの世界だって気がついたら、素敵な人が周りにいっぱいいる現実がやってきた。

世界は自分が思った通りのことを現実として見せてくれる。


自分が選んだチャンネルが現実を作ってる。

あなたは、観たい現実にチャンネルを合わせていますか?


ブログランキングに参加してます。ポチっとしてくれると喜びます。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA