「正しいこたえ」を見つけることで自己肯定感はあがるのか?

正解することが正しいことなのか
Pocket

PVアクセスランキング にほんブログ村

講座を受講して学ぶ機会がたくさんあります。

今時は、オンラインでも受講できるし、後日配信された録画を視聴することもできる。

ライブには到底かなわないけどね。

それでもインターネットって、場所を選ばないから本当にありがたい。


講師の方が受講生に質問する場面ってよくあるんです。

質問に個別に答える場面とか、

もしくはグループワークでみんなで考える場面とか。


こういう時って、「正しいこたえ」を見つけようとする。

当たり前といえば「当たりまえ」のことだよね。


でも、ある時思ったのだ。

「正解」を探すことは「正しい」ことなんだろうか?って。


思えば、わたしたちが育ってきた過程において

どれだけ「正解」を求められてきたか?


授業中手を挙げて回答した答えが「正解」じゃなかった時

参観日で父兄が見守る中、周りがみんな手を挙げてる中、わからないけど恐る恐る手を挙げる。

そんな時に限って当てられたりするんだよね。

う~ん「正しい答え」がわからない。

違います!!って言われちゃう。

顔から火が出るほど「恥ずかしい~」。

とかね・・・


そんな経験の数々から「正解」を回答しないといけない。という刷り込みが出来ている。

「わからない」と恥ずかしい。

いつでも「正しい」回答をしないといけない。

みたいな・・・


この刷り込みがブロックになって、

いろんなことに挑戦したり、発言することの足止めになってるんじゃないかな?

自己肯定感を下げている要因になってるような気もする。


「わからない」→「ダメな自分」→「もっと頑張らないと認められない。」

みたいな構図。


ずっと刷り込まれてきたわけでしょ。

でも本当は「正解」を回答することが大切なこと。ではないと思ってます。


回答は正しくなくてもいいんじゃないかな。

質問された時に「何だろう?」って自分に問いかけることの方が大事だし。

仮に自分の中から出てきた答えが、講師が求めることと違っていても

「あ~。そうか~!!」という気づき

この気づきの方がよっぽど大きく自分に落とし込める。

それに、間違った時の方が、気づきが大きいんだよね。


怖がらずにとりあえずアウトプットする。

これ大事です。

間違ってても大抵の場合、傷つくこともない。


人は失敗することでしか学ばない。っていうしね。

いっぱい失敗して

いっぱい間違って

いっぱい恥ずかしい想いをする。

わたしのこれからの目標です。


ブログランキングに参加しています。ポチっとしてくれるとめちゃくちゃ喜びます。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA