願っても叶わない本当の理由

豊かさにフォーカスすること
Pocket

近すぎると見えなくなるの。

 

一見真っ暗闇の中で出口がないように思える状況でも、引いてみると出口はすぐそばにあることに気がつく。

ものごとは見る側面によって見え方が違うんだよね。

当たり前なんだけど、近くで見ていると結構気がつかないんだ。

 

今真夜中でもし真っ暗だとしても、地球の反対側は昼間。当然明るい。

地球がぐるっと周ると朝がやってくる。

そんなことは地球の外から見なくてもわかりきったこと。

 

だけど実際の自分に起きていることとなると、そんな見方が出来なくなっちゃうんだよ。

 

夜があるから昼がある。

雨の日があれば晴れの日もある。

悪があるから正義がわかる。

月と太陽。

男と女。

ものごとには陰陽両面があるんだよね、もちろん境目も。

 

もし今自分が思うような現実になっていないとしたら、

ものごとのどっちの面に気持ちが向かっているのかを、ちょっと離れたところから観察してみるといいかもしれない。

意外とね。見落としがちなんだけど、思った通りの現実がちゃんとやってきているんだよね。

 

「お洋服」でたとえてみるね。

クローゼットに入りきらないほどの洋服を持っていたとしても

心の中で「着たい服がない」「今シーズンのものがない」「気分的に合う服がない」という「足りない」という感情でいると、

どれだけたくさんの洋服を手に入れても、ずっとずっと「ない」状態になってしまって、持っているものが見えなくなっちゃうの。

物理的には、山のように、数えきれない位の洋服があったとしてもね。

本当は「ない」のは「洋服」ではないの。

「ない」ものにフォーカスしている自分の心なんだよね。

心が「ない」にフォーカスしている限り、いつまでたっても、どんなに新しいお洋服を買ってきても、「まだ足りない」の現実しかやってこないんだ。

 

今いる場所が暗すぎて見えてないなら、日の当たる場所に出て、自分の持っているモノに目を向けてみて。

近すぎてよく見えていないなら、ちょっと離れたところから観察してみて。

とてもたくさんのモノを持っていることに気がつくから。

自分がもっている、たくさんの「モノ」に気がつくと、自分にとって本当に必要なモノが見えてくる。

そうすると抱えすぎていた不要な「モノ」を手放す勇気も出てくるんだよね。

 

願っても願っても、願った現実がやってこないとしたら

心の奥底で「足りない」にフォーカスしていないか自分の心を観察してみるといいかも。

 

足りないもの探しじゃなく、今持っているたくさんの豊かさに気がつくと現れるんだ。

本当に望む豊かな現実ってやつがね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA