どれだけ欲張ってもいい!受け取る許可を自分に与えよう

受け取る許可を与える
Pocket

「魔法使いのひとりごと」というチャンネルでラジオ配信しています。

この記事は2021/3/6に配信した内容を書き起こしたものです。

音声はこちら


それって「欲張り」?

わたし欲張りなのかな・・」とふと思ったんです。

サイト制作に向けて準備中なんですが、 作業をしているとふとアイデアが浮かんでくる。

やること盛りだくさんなのに、浮かんだアイデアも「やりたい!」と思ってしまう。

サイト以外の日常の中でも「あれもやりたい」「これもやりたい」 「めっちゃいい情報聞いたからそれも取り入れたい」と・・

そうなるとすべてはできないから、取捨選択して「やらないこと」を決める羽目になる。

でもね、本心では全部やりたいんですよ。

そのためにもっと効率化するなり、誰かに頼むなり、方法はあるよね~って思うんだけど、とりあえず今は余裕がない。

この作業終わったら方法考えよう。みたいな・・

全部望むのはわがままなこと?

で、そんな自分に気が付いて「全部やりたいと思ってしまうのは欲張りなんだろうか?」と思ったんです。

さらに「欲張りだと思っていること自体が思い込みなのかな?」とも思ったんです。

小さい時からやりたいことを全部はできない。させてもらえない。という制限の中で生きてきた。

「”あれも、これも、やりたいこと全部やりたい!”は我がままで欲張りだ」みたいな固定概念があるんじゃないかな。と思ったんです。

そんなことを考えていたときに、小学生のときのあるエピソードを思い出しました。

経験の積み重ねで固まった固定概念

小学生の時に、いとこファミリーと一緒に出掛けしたんですね。

その出先のお土産屋さんで、リカちゃん人形の双子の妹を売っていたんです。

それが欲しくておねだりしたら「いとこと半分にわけるならいいよ」って言われたんです。

双子セットで欲しかった。

なのに「欲しがったらいけないんだ」

「全部は受け取れないんだ」

その時にそう思ったんです。

こういう体験の積み重ねから

「 欲張ってはいけない」

「 欲張るのは我がまま 」

「わがままはいけないこと 」

そんな刷り込みができ、欲張りはダメみたいな概念ができあがった。

自分を固めている不要な概念を手放す

でも、それ本当かな?

そんな概念はもう手放していいんじゃないかな?と思ったんです。

本当は、ほしいこと、やりたいことに制限を持つ必要なんてひとつもなくて いくらでも欲しがっていいんじゃないかなと思うんです。

願わなければ受け取ることもできないわけだし 。

不要な概念はそろそろ手放して、 欲しがる許可を自分に与えて、さらに受け取る許可も自分に与える。

あとは委ねていればいいんじゃないかな。

今日はそんなことをふと思ったのでお話してみました。

今日はこの辺、ではまた~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA