心の声を無視し続けると現れるアイツの正体とは?

心の声を無視すると
Pocket

「魔法使いのひとりごと」というチャンネルでラジオ配信しています。

この記事は2021/6/3に配信した内容を書き起こしたものです。

音声はこちら


流行りにのって内側から見えてきたこと

前回の配信後体調崩していました。

流行に乗って56ってました。

私の場合症状は熱だけだったんですが、結構な高熱が1週間以上続いて全く食欲も出ず、病院にいっても薬もらうだけで、体力も回復せずひたすら寝てました。

食欲が全くなく、食事がとれなかったので、せめて点滴して栄養を補給してもらえるとそれだけで少しは体力も回復してるだろうな・・

体力が少しでも回復すれば当然もっと早く回復していただろうな~と思いました。

渦中にいてここの国の対策というか、闇というか、いろいろおかしいな~と思うことがたくさん見えてました。

56ちゃんになっていない日本人99.95%なんですけどね・・

医療崩壊とか、蔓延防止とか・・

この茶番ほんと不思議ですよね。

久しぶりに熱出しましたが、熱があるとまともな医療行為を受けられないという現状がただただ解せなかったですね。

自分を偽ると身体に現れる

今回久しぶりに体調崩していろいろ思ったことがあるんです。

体調崩す原因が自分でわかり過ぎるというか、熱出した初日に「あ~やっぱりきたか~」って思ったんです。

ほんの2か月位の期間なんですが、お勤めに行ってたんですが、短期間のわりにいろいろ違和感感じることが多すぎて、心がついていけてなかったんです。

仕事の内容どうの!とか、人間関係とかどうの!ということは一切なく、勤め先の会社の方針というか、たった2か月の間に環境がコロコロ変わること含めてその仕事に行くこと自体に心が猛烈に反発していていました。

心は当に気が付いてたんです。

なんですが、「この短い期間だけだし・・」みたいな感じて自分をごまかしていたというか、心で感じていることを無視してしまっていたんです。

そしたら、その違和感のピークの時に熱出したんですよ。

だからこそ「あ~やっぱりきたか」と思ったんですね。

「体に反応でちゃったな」

めっちゃわかりやすく強制終了かかった。と思ったんです。

ココロと身体は繋がってる

どんなに短期間でも自分の心を偽るのって、やっぱり無理ですね。

ある意味自分を虐待しているようなものでした。

気づいていたんですが「あと1週間だから我慢しよう~」ってスルーしちゃったのが、速攻、身体に反応でちゃいました。

ほんと早かったです。

高熱でてる間は考える余裕もなかったんですが、自分のこれからの生き方というかあり方を改めて考えるいい機会だったなと思ってます。

やっぱりね、自分の心と違ったことをすると現実に必ず反映しますね。いろんなカタチで・・

今日は、体調不良を通じて再認識した、自分の本当の望みはジブンの心が一番知っているというお話をしました。

今日はこの辺で、では、また~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA