「変わりたい」のに「変われない」・・・その「前提」とは

変われない本当の理由
Pocket

「魔法使いのひとりごと」というチャンネルでラジオ配信しています。

この記事は2021/2/24に配信した内容を書き起こしたものです。

音声はこちら


やっぱり「軸」が大事

先日から、メルマガのシナリオを作ってます。

一つ気が付いたことがあるんですよね。それは「ステップメールって本を書くのとおんなじだ!」ということ。

誰に、何を伝えて、読んだ人にどうなってもらいたいのか?を最初に決めれば、メルマガの骨子、背骨ができるんだな~って気が付いたんです。

あとは、その中に何を入れ込むか?だけだと気づき、それまで混乱してたんですが、す~っと楽になりました。

考え方さえわかれば、あとは中身・・ ・

その中身も大切なので簡単とは言えず、ちょいちょい混乱しています。

それで気分転換もかねて「参考になるものないかな~」と過去のいろんなノートを漁ってました。

その中で見つけたノートが面白かったんです。

過去の自分を発見して気づくこと

いつ書いたものなのか?

どんな時に書いたものなのか?

日付もタイトルも書いてないのでわからないんですが、過去の自分が書いたことがとても興味深かったんです。

おそらく方向性迷子になってた時期、4年位前のノートなんじゃないかなと思うんですが、欲望と恐怖を箇条書きで書いてるページがありました。

一部抜粋すると、 恐怖と感じることについて「いつまでも抜け出せない」「つまらない人間だと思われること」「誰にも必要とされないこと」「変わることの恐怖」・・などなど。

面白いな~と思ったのは、現状を変えたいと必死にもがいていたであろう時期なのに「変わることへの恐怖」って書いている。

変わりたい、でも変われない。

そんな過去の自分をノートの中に発見したんです。

で、「欲望」のところには、「今と違う人間関係」「見下している人を見返す」って書いてあるんです。

その当時多分「ここは私の居場所じゃない」って思ってた時期なんだろうね。

だからこそ、変わりたい動機が「見返す」だったんだろうね・・

めちゃくちゃ自尊心が低かった。というのが見て取れるます。

自分を信じる力を持つには

「こんな自分なんて・・」という前提でいくら変わろうとしても「ほら変われないじゃん」になっちゃう。

今ならわかります。

自分を信じる力が弱いと、なかなか先に進めない。

自分を信じる力を強めるには、あるがままの自分を認めて受け入れることが何よりも大切だな~と思います。

気分転換にノートを漁って・・気分転換で気づいたことを話しているうちに、この内容そのままメルマガの参考になりそうだと気が付きました。

一石二鳥です。

今日はこの辺で、では、また~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA