あなたは何者?発信することで初めて気が付くこと

自分の価値を知るには
Pocket

「魔法使いのひとりごと」というチャンネルでラジオ配信しています。

この記事は2021/2/1に配信した内容を書き起こしたものです。

音声はこちら


今日で7回目の配信です。

おしゃべりは苦手と思いつつ少しづつ慣れてくるものですね。


1年前って何をしていたかな?と考えてたんですね。

ちょうど1年前は人生の迷路に入り込んで、方向性迷子真っ只中だったな~と思い出しました。

自分が提供できる価値なんて、な~んにもないと思ってました。

初回の放送で、興味がなかったコーチングを人生に取り入れたところ、そこから想像を超えた未来へと進んだよ。というお話をしましたが 一緒に学んでいる仲間などから、コーチングをしてもらう機会も多くあり、その中で励まされ、勇気づけられ、気づかされ今に至っています。

なので今は、そんな素敵なめぐりあわせによって、自分の強みや価値に気が付くことができ、今年はそこをブラッシュアップしていこうとしているところです が、1年前は本当に自分に自信もないし、自己肯定感も低いし、価値なんてな~んにもないし、この先どうしようかな?と迷宮に入り込んでいました。

が、ひとつ思い出したことがあって、ちょうど1年と1か月前、自分が思っているよりも、自分の知識やスキルは価値があるんじゃないかな?と気がついた出来事があったんですね。

今日はこの「自分の価値に気づくには?」というテーマでお話しようと思います。


自分の価値に気づくには?

ココナラというスキルマーケットがあるんですが、そのサイトでちょうど1年と1か月前に「ハンドメイド作家さんの質問に答えます」というメニューを販売していました。

質問2つにつき、3日間テキストで答える。という内容でした。

これは、ハンドメイド作家さんのニーズを知る。という目的で販売していたメニューではあったんですが、それでも今思うと破格過ぎる価格設定、なんと1000円でした。

で、2019年の年末大晦日に注文が入り、2020年の年始にかけて、質問に答えていました。


その時の質問というのが、注文者さんの商品販売ページを見て改善点があれば教えてほしい。というのと、ツイッターを運用していくにあたりアドバイスが欲しいという二つの質問だったんですね。

で、その要望に応えるべく注文者さんのサイトを覗きに行くと、わんさか改善点が見つかるわけですよ。

文字通り「わんさか」

でも、そのわんさかのすべてを、今その時の注文者さんに伝えてもきっと伝わらないな~と思ったんですね。

何をやるにしてもそうなんだけど、段階というのがあって、成長の過程によって気が付くことって変わっていくんですよね。

だから今私が気が付いたからと言って、相手の受け取る器を確認しないで、気が付いたことすべて伝えたところで、その時点で相手は表面的なものしか受け取れず、受け取りきれない相手の器よりも大きい提案は器から零れ落ちてしまうんです。

いくら良かれと思っても、相手にとって「今」必要なことを優先的にお伝えする。というのが一番相手のためになるんじゃないかなと思ったんです。

なので、その時点で最大限これだけは知ってほしいこと、ここを改善したらすごくよくなるなと思えることをめっちゃ詳しく事例を交えて(テキストですけどね)お伝えしたんです。


年始ですよ。 絶賛お正月中に、注文者さんのサイトをガン見して、その方の現状にあったアドバイスをピンポイントでこれでもか!!というくらいわかりやすく伝えていました。

かなりの文字数だったことを覚えています。

でね、その自分が回答したテキストを読み返してみて、またそのやり取りを通じてそこで気が付いた。

この回答にはめちゃくちゃ価値がある。

マンツーですよ。ピンポイントのアドバイスなんですよ。1000円では安すぎる。と思ったんですよ。

まさに「おっ値段以上」です。コスパ良すぎです。( ´艸`)


わたしにとっては、当たり前にやってきたこと、今はやっていないんですけど、ハンドメイドのサイト運営や、ヤフオクから始まって物販という大枠でかれこれ20年以上やってきたので、その中で培ってきたスキルや経験や知識や、必要な心の在り方や考え方や見せ方 ハンドメイドを始めたばかりの人にとっては当たり前じゃないんだな。と ・・

もっと広くいうと物販に限らず、これからの時代副業、副業というのは副産物の「副」だけではなく、複数の「複」、または幸福の「福」も含めての「ふくぎょう」。

ふくぎょうは当たり前になっていくと思うので、これから何か始めたいという方々にも必要なんじゃないかなと思ったんです。


自分にとって当たり前にやってきたこと。

マーケティング的なことや顧客心理も含めて、「お客さんに喜んでもらえるために」というゴールを考えて行ってきたこと。

長く運営してきたハンドメイドサイトや物販の経験を通じて得たウェブの知識、海外輸入のちょっとした知識も含めて 自分には自然にできてしまうこと。

これって実は誰にとっても自然にできてしまうことではないんだな。と感じたんですね。

自分にとっては当たり前すぎたので、そこに価値があると思えなかったんです。


なので、1000円というめちゃくちゃ格安な、とんでもない価格をつけていたけど、その年末年始のやりとりを通して「そんな価値じゃない。」と自分に自信が持てた瞬間でもあるんです。

何を言いたいかというと、当たり前にできてしまうことの中に、あなたの価値も隠れている。ということ。

今まで生きてきた中での経験のすべて もちろんいいことばかりではなく、辛いことや悲しいことやどん底に陥ったこともあると思うけど、それらすべてが今の自分に繋がっていて、人それぞれのオリジナルの価値に繋がってるんだろうな~なんて思うのです。

その価値に気づくには、何かとりあえず発信してみる。というのは方法のひとつとして大きいんじゃないかなと思います。


ココナラで販売する以前は、 ワークショップを開催したり、洋裁を教えたりという形でのスキルを提供したことはありますが、ネットを通じて提供できる自分自身の価値にはまったく気が付かず、そもそもあるなんで思ってもいませんでした。

ココナラで「ハンドメイド作家さんの質問に答える」というスキルを提供したことによって

  • こんなことにニーズがあるのか?とか
  • こんなことで悩んでるのか?とか
  • こんなことにも気が付かないのか?とか

自分にとっては当たり前なことが、ほかの人にとっては当たり前ではなく知りたい情報なんだという気づきが生まれたんです。

ココナラにメニューを載せるというアクションが、自分ひとりで考えているだけでは気が付けないことに気が付く大きなきっかけになりました。


どんな形であれ発信してみることが自分自身を客観視するひとつの方法なのかと思います。

何が提供できるのか?それは求めれるものなのか?発信してみて初めて気が付くことがとても大きい。

まずは「声」を出す。

あなたの内側にとてつもない光輝く価値が眠っていたとしても、内に秘めたままでは誰にも気が付かれないし、進化させていくことももちろんできない。

求められる価値は自分には案外想定外なコトだったりしますよね。

周りの人に聞いてみるのもいい方法ですよね。意外な答えが返ってきます。

さらに、コーチングを受けるのはめちゃくちゃいいです。

無料のお試しコーチングを人数限定でしようかな~なんて思いついたので、詳細が決まったらラジオの概要欄とかFacebookとかでお知らせしようと思ってます。

もしご興味あれば活用してください。

本日はこの辺で、 では、また~(^^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA